本文へジャンプします。




奥山文弥です。(トップに固定のページです)

こんにちは。

奥山文弥です。
ようこそ私のページにおいでくださいました。
ありがとうございます。

私のブログはこんな希望がある方にオススメです。

 

日々の生活に感謝したい

考え方をリセットし人生を変えたい

水辺でリフレッシュしたい

本音を言える仲間が欲しい。

奥山文弥のことをもっと知りたい。

希望はいいものです。

Img_3471

続きを読む "奥山文弥です。(トップに固定のページです)"

|


2020年1月24日 (金)

フライフィッシングの動画をアップしました。

一手間かかるから面白い西洋式毛ばり釣り、フライフィッシング。その入門に欠かせない

 

面白くて綺麗な動画をお届けします。

 

この準備編の本文に6本の4K動画が紹介されています。

 

ぜひご覧ください。

 

Photo_20200124135001

フライキャスティング 準備編

 

イベント案内はこちらから

メルマガ登録はこちらから

 

 

|


2020年1月23日 (木)

令和の太公望 その5 一手間かけるフライフィッシングの心意気  俳優ブラッド・ピットが流行らせたけれど

フライフィッシング(flyfishing)という釣り方があります。直訳すれば毛ばり釣り。18世期の欧州発祥で日本には北米経由で50年ほど前に入ってきたそうです。ですから正しくは「西洋式毛ばり釣り」と呼ぶべきでしょうか?
 元々は水面を流れるカゲロウなどを捕食するマスを釣るために開発された釣りです。
20190303-121036

続きを読む "令和の太公望 その5 一手間かけるフライフィッシングの心意気  俳優ブラッド・ピットが流行らせたけれど"

|


2020年1月23日 (木)

令和の太公望その4 体験こそが釣りの醍醐味

 

 魚釣りにはいろいろな方法、ジャンルがあり、皆それぞれ特徴を持って楽しいものです。
その楽しみは「令和の太公望その3」で解説した通り、魚をヒットさせてハリ掛りし、魚が暴れるその引きを味わうことに重点を置くならば、魚が釣れなかったら楽しくないということになりますね。釣果ありきの考え方です。
Img_8657

続きを読む "令和の太公望その4 体験こそが釣りの醍醐味"

|


2020年1月 9日 (木)

令和の太公望 その3 宗教か哲学か、それとも単なる道楽か?

釣り人のことを太公望と呼ぶことは知られていますが、なぜそう呼ぶのかは意外に知られていません。

 

今回は太公望のお話をしましょう。

 

Img_6577-1

 

奥山文弥のメルマガ登録はこちら

YouTubeはこちら

 

 

続きを読む "令和の太公望 その3 宗教か哲学か、それとも単なる道楽か?"

|


2019年12月 3日 (火)

ビッグベイトって本当に釣れるんだ!

でっかいルアーで釣るというステイタスとは、というお話です。

 

 毎年11月〜12月は東京湾の大物シーバスシーズンです。

 

G0024225

続きを読む "ビッグベイトって本当に釣れるんだ!"

|


2019年11月 5日 (火)

木戸川のサケ、いつか必ず釣りができる日が来ると信じて。

Img_4971

2011年のあの日が来るまでは、福島県楢葉町を流れる木戸川でサケ釣りを楽しんでいました。

 

 

 

続きを読む "木戸川のサケ、いつか必ず釣りができる日が来ると信じて。"

|


2019年10月22日 (火)

中禅寺湖 2019ファイナル レイクトラウト 連発しました。

2019年9月19日、今年はこの日で中禅寺湖のマス釣りが禁漁になりました。Img_3232

 

 

続きを読む "中禅寺湖 2019ファイナル レイクトラウト 連発しました。"

|


2019年10月22日 (火)

聖なる川でフライフィッシングー日光 湯川 flyfishing in Japan

日光の湯川は日本のフライフィッシング発祥の地。
ここにはカワマス(ブルックトラウト)が生息しています。
Img_3185

続きを読む "聖なる川でフライフィッシングー日光 湯川 flyfishing in Japan"

|


2019年10月11日 (金)

令和の太公望  2 魚の命

 

魚は釣られた時、人間のように「助けてくれー、殺さないでくれー」とか言わないし、
動物のように「グワーッ」とか「ギャー」って叫ばないものですから
粗雑に扱われ、殺されていくことがほとんどです。
Img_6489

 

 

 

続きを読む "令和の太公望  2 魚の命"

|


2019年10月10日 (木)

令和の太公望  1

釣りの欲望。

 

釣りをする人の考え方や、希望、欲望は様々です。

20181205-220954 

続きを読む "令和の太公望  1"

|


2019年10月 6日 (日)

中禅寺湖ファイナルは夫婦でレイクトラウトをダブルゲット

 4月から9月まで半年間トラウトの釣りを楽しませてくれた中禅寺湖。禁漁間際に妻と一緒に観光を兼ねて出かけました。場所の確保が大変なほど賑わう最盛期の5月ごろとは違い、湖面上に釣り人の姿はほとんど見られませんでした。

 

Img_3484

続きを読む "中禅寺湖ファイナルは夫婦でレイクトラウトをダブルゲット"

|


2019年9月 8日 (日)

ヒラマサ、マグロ釣れた!えっ?

9月7日(土)はフィッシングカレッジ奥山塾でした。台風15号直撃寸前の相模湾に丸伊丸で出撃。

早めに海が荒れたら出られないので、とりあえず出港できてよかったです。

Img_2756

 

動画はこちらから

 

続きを読む "ヒラマサ、マグロ釣れた!えっ?"

|


2019年8月22日 (木)

ブラックバスに思うこと

私が子供の頃、箱根の山奥の湖にブラックバスという珍しい魚がいると聞きました。

写真を見るととてもエキゾチック(外国的)。熱帯魚のシクリッド、グーラミイ、ディスカスを混ぜ合わせたような魚体と模様。

衝撃的でした。

(下記から続きをお読みください)

Img_6201

1974年8月 芦ノ湖にて

続きを読む "ブラックバスに思うこと"

|


2019年8月 9日 (金)

多摩川源流で、東京イワナを釣る。flyfishing in Japan

これまでいろんな研究をサケマス魚類で行ってきましたが、一番すごいなと思う研究が始まりました。20190809-152722

続きを読む "多摩川源流で、東京イワナを釣る。flyfishing in Japan"

|


2019年7月31日 (水)

忍野八海でフライフィッシングレッスン

富士山麓の湧水を源にする忍野八海から流れ出す、通称忍野川でフライフィッシングしました。Img_1256

続きを読む "忍野八海でフライフィッシングレッスン"

|


2019年7月22日 (月)

お寺で釣りの講義をしました。多摩川の魚と釣りの未来

私が関わるようなお寺は中禅寺(湖の釣り)と
少林寺(拳法)ぐらいだと思っていたのですが、
宗禅寺という羽村にある臨済宗の寺院からオファーが来
て釣りの講義をすることになりました。
Img_1481

続きを読む "お寺で釣りの講義をしました。多摩川の魚と釣りの未来"

|


2019年7月 8日 (月)

木曽の小さな川でイワナ釣り Flyfishing for Charr in Japan

6月末は、予想外に台風が接近しました。
なんとこの時私たちは木曽に釣りに行っていたのです。
3ヶ月以上前から計画を立てていたので変更ができません。
無謀だと思われますか?

Img_0702

 

続きを読む "木曽の小さな川でイワナ釣り Flyfishing for Charr in Japan"

|


2019年7月 8日 (月)

梅雨明け前のシイラ

 

Img_1079

今年初の相模湾は夏全開!とはいえない雨模様。

私たちが一番ガッカリするのは、船が出ないこと。

 

 

7月6日(土)の未明、長井新宿港の前を通ったら鈴清丸や、竜海丸には人がいませんでした。つまりキャンセル。

丸伊丸のある長井荒崎港に着くと真っ暗。

船長はなかなか来ない、しかし電話もかかって来ないので待ちました。

やっと船長が来て

 

「昨夜寝た後に予報が変わった。他の船はみんな中止したみたいだ。」と言ってましたが、、、

予定より30分遅れて出港。

波しぶきだか、雨だかわからないシャワーを浴びつつ、期待は大。

 

以前他の船が出ない時に爆釣したことがありますから。

しかし魚に出会わないと釣れませんからねえ。

Img_1052

絶対に釣りたいなら最初からライブベイトがいいですよ。と言うアドバイスを聞いた方は次々にヒットしました。

ルアーやってから釣れなかったら餌釣りします、っていう人多いんですが、釣れなかったらという時間には

もうすでに餌でやっても釣れない(魚がいなくなっている)時になっていることもよくあるんです。

回遊魚ですから、ずっとそこにいるわけではなく、

例えば数が少ない時や活性が低い時は

ルアーでヒットした魚をバラしたら、その魚に他の魚がついて逃げて行ってしまい、

群れがいなくなるってこともあるんです。

初心者は餌があるなら是非最初に釣ってください。

 

Img_1064

ルアーだろうが餌だろうが引きを味わうのと、

そしてそれは大物とのファイトの練習になります。

というのが私たちの考えであり、アドバイスです。

 

ちなみに家内はエサとフライで釣りますが、ルアーはやりません。

 

ルアーで頑張った若い方々は、連続でバラしてました。

パヤオをいくつか移動しつつ魚を探しましたが、いません。いません。おかしい。

いないんです。

昨日までいたと言う群れさえどこへ行ったのやら。

でも沖へ出れただけ幸せ。

船長もよく決断してくれました。

 

フライ初挑戦の人も釣って幸せ。

Img_1072

 

海の自然は千変万化。

最大魚は108cmでした。

 

今回はこれで勘弁してやろう。

勘弁して下さい。

下船後の温泉はとても癒しになりました。

Img_1073

 

 

今後のイベント情報はこちら

 

一番早い情報提供するメルマガの登録はこちら

 

|


2019年7月 5日 (金)

セミ時雨のブラウントラウト

 

日光の中禅寺湖では、初夏を迎えると、一斉にハルゼミが、鳴き始めます。

 

 

Img_0555

続きを読む "セミ時雨のブラウントラウト"

|


2019年6月23日 (日)

羽村市環境フェスティバル

6月1日(土)は羽村市のゆとろぎで環境フェスティバルがありました。

私はフライフィッシングのブースを出して、そしてメインステージでは講演をさせていただきました。

Photo_20190623214701

続きを読む "羽村市環境フェスティバル"

|