本文へジャンプします。




« 船中1尾 | トップページ | キハダ祭り »

2009年10月25日 (日)

ダブルハンドのフライフィッシング。

 10月20日は、利根川本流で下澤孝司さんとニジマス釣りでした。

20091020_003

笑顔がさわやかな下澤さんです。

利根川では冬期ニジマス釣り場という特別区間を設定しています。年券保持者は1日800円、ない人は3000円!の遊漁券で釣りができます。

 また周年解禁しているニジマス釣りは、特別区間以外で年券、あるいは日釣り券13000円で狙うことができます。

 私は地物とスペイキャスターとして名高い、下澤孝司さんにスペイキャストを教わるために行きました。フライラインにエネルギーを伝達させて投げる面白い方法です。

 しかし教わった後はフライをつけて釣り開始、広くて深い利根川の本流での釣りはカナダのスティールヘッドの釣りと、何ら変わりません。

 投げるのが主志郎のがフライキャスティングです。魚を釣る手段ととして、他の釣りと大きな違いはこのキャスティングです。これが面白いから何度も何度も釣れないかもしれないのに投げていられるのです。

幸運なことに一回アタリがあり、55cmのニジマスをゲットしました。

そしてリリース。「大きくなって今度も私に釣られてね。」という願いを込めて。

20091020_006

軽さが売りの新しいスタイルのスペイロッドで着実にポイントを探る下澤さん。

20091020_016

私は掛かったニジマスをハンドランディングしました。

20091020_019

|

フライフィッシング」カテゴリの記事