本文へジャンプします。




« アングリングファンの取材で | トップページ | ワカサギ »

2009年11月27日 (金)

ともだちの

岡山の友人、松田澄政さんが経営する「中国漁具」という釣り具屋さんが、創立30周年を迎えました。

20091124_003

ホテルから見た津山城

20091124_028

 松田澄政氏(写真中央)と私の付き合いはすでに20年以上になります。彼とはカナダ、アラスカへ一緒にサーモンやスティールヘッドを釣りに行った仲間でもあります。

 特にカナダは、バビーンへ行く前の話でして、結構先発隊なのであります。フライを触れない彼が、アラスカでフライの練習をするというチャレンジフィッシングで、レッドーサーモンや、チャム、シルバーをヒットさせたのを鮮明に覚えています。

 また私のパラオ渡航31回の中の半分ぐらいは彼と一緒でした。ペリリュー島の南端、オムルウル岬で、彼の投げたルアーと私の投げたルアーを2個同時にロウニンアジが食いついて一緒にポンピングするという珍事も経験しました。

 さて今回はその中国漁具(岡山県津山市)の30周年記念パーティーで、津山に行ってきました。

 主賓にはがまかつの藤井社長も来ていてオドロキましたし、祝電ではつり人社社長の鈴木康友さんからの激励がありました。

 さらに驚くべきことは彼のお店の女性スタッフの盛り上げ方です。パーティー参加者はほぼ男性で、スタッフ2名で皆さんをもてなし、幸せにしていました。社長としていかに彼がスタッフから尊敬され、信頼されているかをこのパーティーで垣間見ることができました。彼女たち、大学の文化祭の実行委員のようによく動いていました。感激感激です。そして羨ましい。

 またフィッシュ&フィンズ岡山メンバーの小玉則和さん(写真左)にも久しぶりに会えてよかったです。

今後はフィンズ岡山支部をもうちょっと盛り上げてくれればと思っていますが、彼に何よりの成功を心から祝福したいと思います。

20091124_021

女性スタッフのYちゃんと

20091124_011 藤井社長の挨拶

20091124_014

地元の大学の高知県人会がよさこいのパフォーマンスを。唯一の色気でした。(おっとYちゃんゴメン)

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事