本文へジャンプします。




« エントルーダー | トップページ | 大学でシーバス »

2009年11月 7日 (土)

鏡に映った自分

 マイケル・ジャクソンの映画を見てきました。

032

This is itという映画、ロンドン公演の前に亡くなったマイケル・ジャクソンの追悼映画として、そのリハーサルシーンを編集して出来上がった映画です。

スリラーや、ビートイットなどは当たり前に有名で、その曲やダンスも一世を風靡しましたね。

私がなぜマイケルジャクソンかって?

マイケル・ジャクソンの生き方については賛否がありますが、私はダンスや歌は好きです。 若いころ、東京ドームに2回コンサートを見に行ったことがあるほどファンでした。初来日の時は、チケットが手に入らず断念。2回目は予約をして買いました。これが私の1回目です。3度目の来日の際は結構空いていました。 コンサートは素晴らしいショーでした。元気になりました。

 映画の中で私が感動したのはスムースクリミナルというギャング映画みたいなシーンのあるダンスです。

 もともとムーンウォーカーという映画の中にあったシーンをコンサート用にアレンジしたものですが、その完成版はなく、練習シーンが映画で紹介されていました。それを見ただけで震えました。

Anny are you OK?って何回も繰り返すあの歌です。知っている人も多いでしょう。

 マイケルが亡くなったのは残念ですが、この映画を見て元気になりました。

 私の好きな今日の一つ、「Man in the mirror(マン・イン・ザ・ミラー」は鏡に映った自分に問いかけてみる。この世知辛い世の中を変えていくにはまず自分から変わらなくてはいけないね。自分を変えてみないかと鏡の中の自分に向かって問うという曲です。

 「世の中を良くしたかったらまず自分から変わりなさい。」と歌うこの曲を政治家たちに捧げたい。もちろんがんばっている民主党の方々にも。

そして私も変わらなければ、、、、。

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事