本文へジャンプします。




« イトウだ! | トップページ | フライネタばかりですみません。 »

2010年2月19日 (金)

フライロッドがスイッチロッドに

 このロッドは、オービスの

20100219_002


 シングルハンドロッドですが、よく見てください、グリップエンドが長いでしょ?
 これは両手でキャストしやすいようにスイッチロッド風に改造したものなのです。ライトツーハンドでもありません。
 自分でやると、もしうまくいっても美しくないので、群馬県は太田市でオジーズなるプロショップを営む北里大学の後輩、柏瀬巌氏に頼んでやってもらいました。
 エクステンショングリップの長さは20cmぐらいあると申し分ないのですが、IGFAルールで、釣り具の規制があり、11フィート以下のロッドの場合はリールのセンターからエンドまで6インチ(15,25cm)以内でないといけないのです。
 ですから私のはみんなグリップが8cmぐらいで、リールのセンターからは14cmぐらいにしてあります。
 
 スイッチロッドは10,5フィートから11フィートが多いですよね。そのほうが両手で投げやすいからなんですよね。
 でもいまさら1本5~6万円もするロッドを買えないです。ですから家にあった、おそらくそれほど使用頻度のなくなったロッドをちょっといじることで、ラインもアンダーハンド用のループラインが欲しくなるわけで、フライ業界には微々たるものですが貢献できます(笑)もちろん予算のある方はダブルハンドか、スイッチロッドを購入してください。
 9フィートでも両手で投げると楽に飛んでいきます。ダブルハンドは13フィート以上なければだめだと思っている方、それは広い川で使う場合のお話です。でもバビーンリバーではシングルハンドでもたくさん釣っています。
20100219_005

 一番上はオービスのバビーン(10フィート8番)、このロッドでは多くのスティールヘッドを釣っています。真中はダイワアルトモアX(9,1フィート6番)
 そしてダイワロッホモアZ(9,3フィート5番)
 下の2本のエクステンションは取り外し式で、短いものにも変えられますから便利。特にロッホモアは次男に使わせようと改造したものですが、自分で使ってみたくなりました。

 次回の開成フォレストスプリングスでのフライ教室でお披露目しましょうか??興味のある方はぜひいらっしゃってください。
 
 また改造を依頼したい人はオジーズまでお問い合わせください。取り外し式エクステンションを付けるだけなら
工賃込みで5000円ぐらいです。あなたのロッドが蘇るのですから安いものです。

オジーズ
電話 0276-49-2021

|

フライフィッシング」カテゴリの記事