本文へジャンプします。




2010年3月

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月26日 (金)

STARHRAD スターヘッド  

コイ科魚類の婚姻色とも言うべき頭にある追星のことですが、、、

20100326_007

続きを読む "STARHRAD スターヘッド  "

|


2010年3月23日 (火)

Metal Head―メタルヘッド

20100321_034_2

面白そうなDVDを手に入れました。

続きを読む "Metal Head―メタルヘッド"

|


2010年3月22日 (月)

多摩川のマルタ(マルタウグイ)釣行会

 前夜からの雨がたたってか
20100321_017


続きを読む "多摩川のマルタ(マルタウグイ)釣行会"

|


2010年3月20日 (土)

マルタが遡上しているのに

Img_0001


 あれ、なんでこんな釣り具が???

続きを読む "マルタが遡上しているのに"

|


2010年3月20日 (土)

多摩川にマルタウグイ(マルタ)遡上

 いろんな方がすでにネット上で情報を流していますが、

20100319_027


続きを読む "多摩川にマルタウグイ(マルタ)遡上"

|


2010年3月18日 (木)

ジャパンゲームフィッシュ協会のパーティ

 日付が前後しましたが、3月14日(日)家内と一緒に

20100314jgfa_012


続きを読む "ジャパンゲームフィッシュ協会のパーティ"

|


2010年3月17日 (水)

渓流解禁!

 3月15日、山梨県の桂川が解禁しました。

20100315_088


続きを読む "渓流解禁!"

|


2010年3月17日 (水)

ドライフライでライズそのあとは、、、、。

白河フォレストスプリングスでのフライ教室に参加された小野まり子さんの奮闘ぶりです。

|


2010年3月17日 (水)

西山徹師匠の監修で

 白河フォレストスプリングスで講習会をしました。

20100313_001


続きを読む "西山徹師匠の監修で"

|


2010年3月12日 (金)

卒業

 クラーク高校東京キャンパスの卒業式に行ってきました。

Shoko_2

続きを読む "卒業"

|


2010年3月 9日 (火)

サケのお話・フィッシングカレッジ

 今日は井田斉先生と海洋大学で20100308_015


続きを読む "サケのお話・フィッシングカレッジ"

|


2010年3月 6日 (土)

アルトモア

 今日は開成水辺フォレストスプリングスに行ってきました。フライフィッシングをやっているお客さんで、バックキャストの振りが非常に大きく、結構危なさそうでしたので、アドバイスを、と近寄って見ると、、、、。

 ロッドはなんとアルトモア908でした。このロッド、確か15年ほど前の製品で、ダイワがブランド化したものです。メイドインスコットランドのハリー・ジェミィソンモデルから、日本製のものまで、ズラッとラインアップされてました。
 私はそのロッドを持ってカナダへ出かけ、大きなスティールヘッドを釣ったことがあり、非常に懐かしさを感じました。
 お客さんは若そうでしたが聞いてみると中古屋で買ったそうです。5000円でしたとか。(写真は撮るのを忘れました。)

 モノの価値観は、よほどのビンテージもの以外は古くなればなるほど下がってしまいますが、それにしても5000円とはねえ、、、、。売った人は2000円ぐらいだったかもしれませんね。

アルトモアはその後、シリーズが変わって、ツーハンドも出ました。15フィートのサルモサラーモデル(アトランティックサーモン)を持ってカナダのバビーンリバーで96cmのスティールヘッドを釣ったときは感動しました。


 まだ我が家に何本も残っているアルトモアシリーズ。3番からツーハンドの10番まで、桂川の70cmニジマスから、サケや、アメマス、、カラフトマス、そして多摩川のコイをたくさん釣りました。経年だけで判断されてしまうと、1本たったの2000円。でも川に出て活躍すれば当時から誇っていたン万円の素晴らしいアクションです。

  しかし今DAIWA(グローブライド)のカタログを見てください。アルトモアはLLマスターというロングリーダー用一種しか売っていません。

 多くのアングラーの夢をそのフライラインに乗せて飛ばした優秀なロッドがもうないのです。

 私が今使っているロッドは折れたらそこでおしまい。大切に使わなくては、、、。

「知足」 私は十分に足りています。あまり贅沢をしなくても釣りは十分に楽しめるのです。

明日はまた開成フォレストスプリングスでフライ教室です。

思いっきり古いロッドで講習してみようか?という気になっています。


そのアルトモアを持っていた彼のとなりのフライフィッシャーマンはなんとスコットの高そうなロッドにダニエルソンのリール。「今日初卸です。」と言ってました。振らさせていただくと、ロールキャストのループがすばらしく、最新型の威力も知りました・


20070205_061


これは比較的新しいアルトモアS916にフォアグリップを装着して多摩川コイ仕様にしたもの。家内の愛用ロッドでもあります。

|


2010年3月 4日 (木)

多摩川で

 日中、晴れ間が広がったので、フライキャスティングの練習に行ってきました。場所は壁の市民運動場前。この場所は解禁日に最も多くの釣り人は入る激戦区です。ウエイダーなしでヤマメが釣れちゃう足元がいい場所なのです。
 でも解禁日は7日(日)の正午。ヤマメやニジマスの放流は、7日の午前中にするので、まだ魚はいません。当然釣りをしている人も見受けられません。散歩や日向ぼっこの方ばかりです。以前はヨガをやっているオネイサンもいました。何せ市民運動場ですから。


Img_0048


Img_0047


私は練習のみですが、「密漁」として疑われたくないので、目立つように組合員証をつけました。

数本のロッドにラインを通して、アンダーハンドキャストなどをやっていると、ジョギング中のおじいさんが話しかけてきました。

「このラインは浮くの?」
「ふーん、うまくできてるね。」、、、、。

ちょっと話をしてみたら、その方はアユ師だそうで、お仲間は春は渓流釣りをするそうですが、自分はやらないのでフライに興味を持っていたら、私に出くわしたそうです。

値段は?と聞かれ、ピンキリですと答えました。アユ竿と同じで高いモノはいいみたいですよ。と離したら、貴方もアユをやるのかと盛り上がりました。

私の仲間にもアユ師が多くて竿が高くてとか話していたら

「竿にこだわっているようじゃダメ。」とのこと。

「私は竹竿を使ってるよ。」と。

「どんな思いカーボンロッドよりも、竹のほうがが重いから。」

と竿で釣るのではなく、腕で釣るのだと、、、、、。

「ま、あれこれ考えるときがまた楽しいよね。」と、おじいさんは笑って走って行きました。

釣りは魚が掛かった瞬間からクライマックスが始まりますが、仕掛けつくり、計画、そして現場に到着して水辺を見た瞬間の感動で80%満足します。

そしてそれをサポートする道具、

確かに最新型は素材や軽さ、感度もいいのですが、

「愛着がある」

「雰囲気がいい。」

「デザインが気に入っている。」

そして「思い出がある」

など、性能だけでは語れない付加価値とよんでいいのでしょうか?

そんな思いがこもった道具はプライスレスです。

仕事柄、最新型の道具にも非常に興味はありますが、

お金ないし、、、、。


必要なものを買うときは出来るだけいいものをと予算をとりますが、

あるもので流用できるなら それを使います。

知足

足ることを知る。欲しい欲しいではなく、身の回りを見ると十分足りているのですよ。ということです。

川原で出会ったおじいさんの話で、その言葉を思い出しました。


いよいよ解禁。この場所も7日から1か月ほどは連日にぎやかになるでしょう。

Img_0050

Img_0045


|


2010年3月 2日 (火)

開成と白河でフライ教室を行います。

 3月のフライ教室は、2回行います。

20100203_001


続きを読む "開成と白河でフライ教室を行います。"

|


« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »