本文へジャンプします。




« こんなグランドスラム 三宅島の釣り | トップページ | メダカのビオトープ »

2010年6月12日 (土)

あいかわらず多摩川へ

今日の実習は多摩川。

20100611_018

早朝登戸堰の上に行くと、コイの姿はまったく見当たらず。マルタの死骸がぽかんと、、、、。

そして水面から頭を出しているのは、全部アカミミガメでした。

生徒が集まる前にはコイガ集まってくるかもしれないとパンを巻いても、時折ポツンと姿を見るだけで、釣れそうな感じではありませんでした。そこで堰に下へ移動。

ここなら、と準備をしているといきなり監視員のおばちゃんが来て

「入漁券持ってますか?」って。

いつもは日曜日でさえ来ないのに、、、。来なけりゃただですから、、、。でも監視努力をしているってことで、来ることはいいことなんですけど、、、、。

学割も頼んで、、、。ちょっと引いてもらいました。

で、準備を続けていると今度は別の監視員のおじちゃんが、、、。

「何だ今日は?」私たちが大勢で実習に来ているのを知っているかのように、、、。

私は今年、年券を買いましたが、マルタ釣りにて券を売りに来たのは、たったの2回。家族4人で行った時も来ませんでした。

次男と二人で行ったときに一回来ましたが、小学生なのでタダ。

たぶん今日は、ヘラブナ釣りしている常連から連絡が行ったのでしょうか?

「若い人たちが大勢来てるよ」って。

関連はこちら

20100611_039

江戸前アユを捕まえました。

誰かのコロガシ仕掛けに掛かったのを切ったヤツです。イカリバリが掛かってのたうちまわっているところをすくいました。

大きさは18cmぐらい。

後1カ月でフィッシングカレッジで江戸前アユの実釣を行います。

それにしても多摩川の小物は一体どこに?

 海からの遡上魚とコイはたくさんいるのに、10cmぐらいの小魚が全然釣れません。

カワウはたくさんいるけど、、、。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事