本文へジャンプします。




« 外来魚釣りに行きました。 | トップページ | 美女2名と取材に行きました。 »

2010年6月25日 (金)

コイスペイ

最近ツーハンドでスペイしまくっていますが

20100625_009

 サケ科魚類の大魚がまったく掛からないいので、コイを釣ってみました。

クラーク記念国際高校(三浦雄一郎校長)の東京キャンパスで、フィッシングゼミを行っている関係で、浅川で実習をしました。その日、9時集合でしたので7時半に現地入りし、釣りをしたわけです。

実習が始まると釣りはできませんから、、、、。

浅川のコイのサイズは、本流よりちょっと小さめですが、それでも掛かってくるのはみな50cm以上。いいでしょ?

普段はシングルハンドですので、流芯をまたいだキャストはあまりしないのですが、今朝はツーハンドでしたからバッチリでした。

ロッドはエコーの5番、12,5フィートラインはスカジットの360グレインでした。リールは古ーいラムソン。

フライはもちろん藤田のおっちゃんのショックパン

20100625_004

右岸でしたからサークルCをすることなく、ダブルスペイのスカジットキャストで投げて、一回上流にメンドして、自然に流しこんでいきます。

そして「パクッ」

そこそこのサイズまでのマスは、ヒットすると暴れまくって、勝手に自分で疲れてくれますが、コイは違います。同じサイズでも重さがあり、重量感たっぷりの引きを見せます。時に走りやつもいてバッキングまで引き出していきます。

5番じゃヤバイと思うほどロッドが曲がってしまいます。以前K子ちゃんがTFOの6番で掛けた時は「これじゃスティールヘッドは無理だ。」と思わせてくれるほどバットから曲がってました。しかしそのバットで耐えてくれるのがスペイのいいところです。

実を言うと私はこのバットからパラボリックに曲がるのはあまり好きではありません。ここぞという時に、引っ張れない気がするからです。。

そんなときはゆっくりやりとりすればいいわけで、今回もそう思いながら引き寄せ、ネットは使わず、フックを外してリリースしました。

コイはいいけど、マスだったらひっくり返っちゃうんじゃないかとも思いました。

20100625_008

この日の高校生の奮闘ぶりはこちらをどうぞ。

クラーク高校フィッシングゼミ

|

フライフィッシング」カテゴリの記事