本文へジャンプします。




« 湘南 | トップページ | 残暑払い納涼会 »

2010年8月20日 (金)

準備

 最近ツーハンドデビューした女性たちが、練習しています。

20100819_027

20100819_015

 スティールヘッドを狙いに行く人、カラフトマスやシロザケを釣りに行く人は、キャスティング練習、あるいは実践で練習を重ねています。

 何度もチャレンジできる人は、行って現場の状況を経験し、次回に備えればいいのですが、1回勝負の遠征となるとそうもいきません。

 情報を集めすぎて神経質になるほど当惑し、頭の中で整理がつかなくなってしまう場合もありますから要注意です。いろいろな人が違うことを言いますからね。

 例えばフライロッド、勧める人の好きなロッドがいいロッドってことになってしまいます。

 私に言わせれば、私に聞いてきたのだから「奥山の言うことだけ信じていればいい。」と言いたいところですが、、、、、。

 キャスティング練習を適当にこなしたら、今度は実戦練習もやったほうがいいです。

 今日は買フィッシング・カレッジの受付嬢をボランティアでやってくれている市村さんと浅川のコイを相手に練習しました。

 私はこの夏、浅川に行っていなかったので様子見です。

 浅川は多摩川の支流です。

流れが速い場所でコイがヒットすると、一気に下流へ50m以上キュイーン、、、、ということも珍しくありません。「ここのコイはサケ科か?」と勘違いするほどです。

 で、今度北海道にカラフトマスを釣りに行き、その後新潟の荒川でシロザケにチャレンジする市村さんはそのドラグの唸りと、掛かった後の川の中でどう対処すべきかを練習しました。

 練習とは言えコイ釣りは楽しいものです。

 遊びながら練習ですね。

 ツーハンドは投げるのが楽ですが、掛かった後の最後の取り込みの手回しの悪さに気付きました。

頑張れ!

カナダ・バビーン組も北海道・知床組も、、、、、。

20100819_023

さてここからどう取り込みますか?

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事