本文へジャンプします。




« バタバタしてます。 | トップページ | 濡れネズミにならないために »

2010年10月10日 (日)

多すぎないか?

 今日は雨なので、出かけるのを止めました。

P1010007

ダブルテーパー、ウエイトフォワード、シューティングヘッド、、、。

 以前はこの3種のラインで釣りをしていたはずですよね。でも今はライン開発が進んでさまざまなテーパーデザインのラインが発売されています。

それにしても種類が多すぎる。全部把握するのはたぶん、メーカーのデザイナー以外は無理というぐらいあります。

最近流行りのツーハンドロッド用ラインだって以前は上記3種のラインで投げていたのに今では

スペイラインの中にも種類があって

スカジット、スカジナビアン、スコッティッシュ(ダブルテーパーでやった最初のスペイ)そしてその中にも短いのから長いのまで、、、、。

わけわからん!!!

でも面白い部分もあります。

今まで古すぎて使い物にならない(今風の釣りには合わない)と思っていたロッドが、ラインを合わせるだけで名竿に、、、、。

10年以上前のダイワのロッド、活躍しています。

アルトモアの13フィート、レイクシューティングと言うロッドもしかり、カナダへ行っていた時代の後期に使用していましたが、今も立派なサーモン&コイのスペイロッド。秋本國勝先生のサインがロッドケースにしてあったので、覚えている方も多いでしょう。このロッドにスカジットボディの360グレイン~450グレインを乗せると素晴らしいループで飛んでいきます。

なぜラインの重さにこれだけ差があるのかというと、ロッドの振り方が小さいなら軽いものを、振り方が大きい方は重いものを乗せます。

私も以前は

「ラインは重いほうがロッドを曲げやすく、ぶっ飛んでいく。」と信じていましたが、そうではなく。ロッドの特性をうまく利用するならばラインは軽ければ軽いほうが楽にキャストが続く、ということを最近実感しました。

軽すぎたり重すぎたりするのもダメですが、

ロッドを思いっきり振る人はロッドのバットパワーで投げようとしているので重いラインがいいのです。そして重いラインを保持することができればそこそこ飛んじゃうから、キャスティングがうまくなったような気になることもあります。

 先日、群馬の前橋市であのツーハンドインストラクター、下澤孝司さんのところへ練習をしに行った時のことです。

 私の15フィートのGルーミスに様々なラインの乗せて(いろいろな人から借りて)振ってみました。そしてラインを借りた方々にも振ってみていただきました。

400グレインがちょうどいい、という人から480グレインがちょうどいいという人までいました。私も重目がいいのかなと思いましたが、下澤さんが400グレインでいい感じで飛ばしていたので、それでしばらく練習したら、私もいい感じで飛ぶようになりました。

一回のスイングで、マイナス800グレインのエネルギーとなったのです。

 もしツーハンドをやらなかったら、こんなことも絶対にしないでしょう。シングルハンドなら、ここまでしなくてもいいと思います。10年以上前のウエイトフォワードラインがまだ現役ですからね。

本流でデカイニジマスを釣りたいから?シロザケを釣りたいから?

シングルハンドの方は、毎月1回やっている、開成水辺フォレストスプリングスのフライ教室でもライン合わせ行っています。

「ラインが飛ぶ」、の基本は、ご自身の練習量も重要ですが、マッチしたロッドとラインでかなり差が出ます。ラインを合わせてあげると開成の受講生の皆さんは驚いていますから。

ラインの組み合わせ、面倒ですが、面白いです。ラインコレクターになっちゃいそうですが(笑)

Img_0003

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事