本文へジャンプします。




« 川越水上公園のフィッシング祭り。 | トップページ | シーバス釣りに行きませんか? »

2010年11月 6日 (土)

これで終わり。

 相模湾オフショアの千秋楽は、

 

2010110405_066

クラーク記念国際高校(三浦雄一郎校長)の浜松キャンパスが相模湾にあってきました。過去に何度もこのブログで紹介していますが、カツオやマグロ、そしてシイラも楽しく釣れて、2年前はクジラウォッチングまで行いました。

 今回も水温がまだまだ高いために、カツオはどこかへ行ってしまって、その代わりに、シイラやツムブリが遊んでくれました。

 奥山流は、魚が掛かったら絶対に手伝わない。ロッドがのされても触らない、切られたら本人の負け。と言う風にしていますが、今回は女子が健釣!!!

 2日間行ったのですが、初日の竿頭。2目にビッグフィッシュ、マグレかもしれないけどカツオも女子が釣りました。

写真はこちらをどうぞ

 もちろん私にはフライを振る余裕などなく、一ツ谷慎二船長にも「今年は指導だけで終わっちゃったね。また来年だね。」と慰められる始末でした。

 実は今年青木丸に6回乗りましたが、カツオ、マグロ系はゼロ!!

 ツムブリ少々と、70cm級シイラをフライで釣っただけです。

 3月末に長男がカジキを釣っちゃったから我が家の大物運は全部使い果たしたという感じです。

 参った参った。来年の相模湾はいい釣りができますように。

おっとその前のサケもヤバいかも。

2010110405_123

1m2cmのシイラ。この時期としては珍しい存在。この女子は一人で戦いました。

2010110405_204

リールとロッドはきれいに洗って、また来年の夏までさようなら、、、。

あーあ、終わっちゃった。頭の中をサケに切り替え、頑張ります。

|

シイラ・カツオ・マグロ釣り」カテゴリの記事