本文へジャンプします。




« やっと秋ですね? | トップページ | 利根川でツーハンドの練習 »

2010年12月11日 (土)

多摩川に問題が、、、。

先日、多摩川の下流域に住む友人から恐ろしいメールが来ました。

それによると、、、(ほぼ原文コピーです)

実は多摩川で大変なことが持ち上がりました!
以下二点長文ですが お付き合い下さい…。

①、2番ポイント、東名下湧き水が埋め立てられることになりそうです!
国交省にて登戸~東名下~宇奈根一帯に「ミニ・スーパー堤防」を築く計画が持ち上がり、先駆けとして東名下の湧き水を埋め、整地するらしいのです!

あそこは名所である以上に、事実冬でも本流とは温度差が3~4℃あり、小魚の越冬、季節漁の産卵育成の場で有り、それを目当てにやって来る珍しいアトラクターもおります!
何より「マルタハンティング」に影響を及ぼすのが心配です。

川と自然を愛する地元反対住民の代表、市会議員のS氏より、「反対理論武装」を依頼された我が漁協菅支部総代の、TVでおなじみ「Yちゃん」が立ち上がります!

本日国交省による地元説明会が開催されるのですが、対象地が規定平米数に達していない為、「住民アセス」ではなく、「小規模説明会」に逃げ込もうとしておるようです‥。

実は皆様の一般参加による応援を!と考えていたのですが、漁協総代と招待住民に限定されており、この手の運動に精通している私といたしましては、一風吹かそうかと考えていたのですが、以上の条件の為やむなく断念いたしました。

ここはひとまずY氏、H氏両総代の報告を待つしかありませんが、井口組合長他、我等川崎漁協といたしましては、「湧き水埋立反対」の立場を表明いたすことになっております!

今後多摩川釣り愛好家の皆様におかれましては、進展ありしだいご報告いたしますが、皆様の御協力をお願いすることも有るかと思いますので、その節はよろしくお願いいたします
<(_ _)>

②、今夏話題になりました二子橋下~第三京浜下区間の、バーベキュー使用料徴収には賛成でしたが、近々登戸~宇奈根区間に起きましても、同様な計画が持ち上がっております。
ただ問題なのは、この地域を通行する釣り人にも、これを適用すると言うではありませか‥!
そうなりますと、日券、年券、漁協に関わらず、徴収される、と言うことになります!
現に二子では、高津支部のおとなしい漁協組合員が、釣行で既に支払ったと言うではありませんか‥
組合内で大ひんしゅくでした!

『この件は何が何でも阻止してみせる』と、Yちゃんの固い決意でした。

皆様におかれましても、重ねてお心置き下さい…

以上長くなりました事をお詫びいたしますと共に、いずれ「我がモンタナ」のフィールドでお会い出来る事を楽しみして拙文を終わらせていただきます。
まずはご報告まで…

 ̄℃(°^) by Hunter
            

PS:年明け落ち着き次第、漁協有志にて、「マルタフィールド調査」を開始いたします。
予想報告を楽しみにお待ち下さい。

彼からのメールは以上の内容でした。

Wakimizu

多摩川東名高速橋下右岸の湧き水の穴の一つ。(奥山撮影)

これが埋め立てられても、水は地下で出ているわけで、知らないうちに川崎市の地下がこの水で侵されて液状化して、地震の時に、、、、、。ってことにならなければいいんですけどね。

最初は私なりの警笛文章に変えようと思いましたが、本人の許可を得て、ちょっと時間が経ちましたが、ここに載せて皆さんに、多摩川に浮上した一つの危機を知っていただこうと思いました。

その後、東名下湧き水の埋め立ては先送りにされ、宇奈根のミニスーパー堤防は工事が始まったとのことです。

宇奈根って、今もしっかりした堤防がありますよね。

工事が必要なのは、ムダ金を使いたがる担当者と、それを企画する業者の頭の中ではないでしょうか?

ちなみに二子玉川のスーパー堤防工事の模様は(途中の様子は)、

映画「ルーキーズ・卒業」、

に映ってます。撮影と工事がたまたま重なったんですね。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事