本文へジャンプします。




« 寒かったけど連発・朝霞ガーデン | トップページ | スペイキャスティング »

2011年2月12日 (土)

雪の中で

 2月12日は、開成水辺フォレストスプリングスで、東京海洋大学フィッシング・カレッジの釣行会を同時開催しました。

P1020984

雪で山々が真っ白でした。

P1020940

 せっかくフォレストスプリングスに行くならフライ教室に参加してほしいと思いましたので、教室が開催される日に釣行会をぶつけてみました。

 教室に参加される方を含め10名上の方々で、大賑わいのフライ教室になりました。今回は白河FSから出張に来ている会澤聡さんがお手伝いをしてくれました。

P1020978

 会澤さんは海洋大の前身である東京水産大学卒業。つまり林総一郎副社長の後輩です。さらにフィッシングカレッジの前身である釣りの科学の最初の聴講生でもあります。頭の中が釣りと、魚類学で固められたスゴイ男なのです。さらに卒業のときに最優秀生に与えられる学長賞という名誉を、研究結果ではなく、釣りの技を評価されて取得したとてつもない人なのです。

 こんな会澤さんと一緒にフライ教室を行うことができて幸せでした。

 そして今日、魚ドルのタレント、安西真実さんも参加されました。東京中日スポーツの森本義紀さんがカメラマンです。

感心したのは安西さんが、この日の釣りの取材だけでなく、月曜日のフィッシングカレッジの講義にも参加していたことです。勉強熱心ですね。

P1020960

 釣りの技術も大したもので、フライ教室中には良くある、マスが掛かってからのギュン、バチンと切られてしまう人が多い中、彼女は切られることもなく、取り込んでいました。

 女性タレント釣り師の取材はヤラセが多いと思っていたのですが、彼女はヤラセなしでした。キャスト、セットフック、ファイト、ランドまですべて一人でこなしていました。

彼女はホンモノでした。釣り歴4年と言ってましたが、大したものです。ティペットの結びも最初に一度手本を見せただけで、次からはちゃんと自分でこなしていましたよ。

 さて教室も終わり釣行会参加者と一緒にレストハウス「FSダイナー」にて食事をしました。私たちは初挑戦のメガトマトドリア。メガっていうネーミングをフォレストスプリングスのレストランは好きですが、、、。

やっぱり凄かったです。

P1020974

カレーだって普通盛りが超大盛りで出てきます。

P1020976

目がドリアいや、メガトマトドリアのボリュームに驚く安西さん。

P1020982

「ここのマスはメイプルサーモンと同じです。」と言ったらちゃんとさばいて持ち帰ってくれました。塩焼きニジマスの人気が薄れる中、「こんなオレンジ色の身の魚はスゴイですね。」と喜んでました。

ぜひまた参加してください。

今日、ご参加のみなさん、寒い中、本当にありがとうございました。

 

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事