本文へジャンプします。




« マーフィーの法則 | トップページ | 浦浜の様子 »

2011年3月28日 (月)

運命と縁

 私の2人の息子の友人であるO沢クン兄弟(同じ学年)が、昨冬岩手に転校していきました。場所は田野畑村。もちろん今回の震災で被災しました。

家内は彼らの母親と友人でしたので心配して、生存者名簿を捜しました。

そしてひらがなでしたが見つけました。「避難している」と、、、。よかった。

でも連絡が取れないので地図で田野畑村の場所を見たら、先日連絡が取れた小本の友人の家から近いので、現地の情報についてどんな村か、どんな被災状況か聞いてみました。

海岸線は何も残ってないけど、この村は学校も役場も高台にあって、、、。

「なぜ田野畑村なの?」

「実は息子兄弟の友人兄弟が、O沢くんて言うんだけど、、、」

「あ、家内が、田野畑小学校の先生をやっていて、東京から転校してきた子がいるって言ってました。ちょっと待ってね、、、。」

「え?」 と私 「O沢ゆうやクンって言うんだけど、、、。」

奥様の声「知ってるわよ、ゆうやくんはお兄ちゃんね、羽村市小作台から来たっていうから奥山さんの家に近いわねと思ってたのよ、、、。」

「、、、、、、。」私は絶句、そばで聞いていた家内や息子は狂喜、、、。

確かおじいちゃんの家が高台にあって、そこが無事だったので、みんなで暮らしているとか、、、。

詳しいことは今度学校へ行ったら伝えてあげると、、。

世界は狭い!狭すぎる!!!でも嬉しい、運命か??

友人は拙著トラウトフライズ(徳間書店・絶版)に登場してくれた方で、読んでいただいた方は「ああ、あの人か?」とおわかりいただだけるでしょう。

もしかしたら連絡が取れないのは彼らの携帯も流されているかもしれないので、、。とこちらの番号を伝えました。

「だからヤツには防水にしとけって、言ったんだよ。」と長男。

とにかく知らせが届いてよかった。弟よしみくんは度々我が家に遊びに来ていました。

よしみクンの先生の旦那さんが、友達のお父さんとトモダチ。

何かのご縁じゃないですか、、、。

友達、繋がり、、、、、。 昨夜は日本人バンザイ!の我が家でした。

|

東日本大震災」カテゴリの記事