本文へジャンプします。




« サケ科のコイ?? | トップページ | 小菅川は5日オープン »

2011年3月 3日 (木)

多摩川の純血ヤマメ?

 みなさん知ってました?日本でヤマメを始めて養殖に成功したのは昭和38年。奥多摩水産試験場(現奥多摩おさかなセンター)でした。

Img_2571

  • Img_2569_2

 その人工種苗の魚が全国で放流されたのが最初でした。

3月2日、多摩川上流域が解禁になった2日目、おさかなセンターの加藤憲司さんと一緒に某支流の支流の上流へ、もともと多摩川にいた奥多摩のヤマメの純血種を求めてサンプリングに行きました。

捕獲方法は、釣りではなく、網です。

途中では放流ヤマメを釣っている地元のご老人達に会いました。「昨日(つまり解禁日)は37尾釣ったよ。」と言ってました。もちろんすべて放流魚です。びくの中には釣れ残ったヤマメを釣ったものと思われる放流魚が入ってました。

 さて我々は上流を目指し、あちらこちらで網を入れ、、、、。

 結構苦労しましたが、、、、。

 獲れました!!(゚▽゚*)

 DNA検査をしていませんので言いきれませんが、

奥多摩のヤマメの充血種であろうヤマメです。

P1030021

Img_2609

P1030031

Img_2600

尺ヤマメより嬉しい獲物でした。

この魚の他に後1尾、もう少しやせたヤマメも獲れました。

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事