本文へジャンプします。




« みんなで協力しましょう | トップページ | なぜ »

2011年3月21日 (月)

助け合い

 津波から逃げ、危機一髪だった福島の友人から近況報告が来ました。

彼の自宅はいわき市ですが、津波の直接被害はなかったそうです。また今のところ避難区域には入っていないそうです。そろそろ逃げようかと家族や親せきで相談しているのですが、、、、。

彼の自宅は何と水道が使えるとのこと。いわき市の90%は断水しているのに、、、、。

そこで近所の方々にお風呂を提供したり、水を分けたりして生活しているそうです。

 こんな時、助け合うのは大切ですね。

普段はあまり会話のない方々でも、これがきっかけでお近づきになるってこともあるそうです。

よいきっかけではありませんが、某海外の国のように、「暴動や略奪が起こらないのが日本人のいいとこです。」と海外メディアも絶賛しています。

何か必要なものがあったら遠慮なく言ってね。というぐらいしか私にはできませんでした。

 

 

|

東日本大震災」カテゴリの記事