本文へジャンプします。




« 東北の地震の被災者への義援隊が、、、。 | トップページ | 計画停電 »

2011年3月16日 (水)

まだまだ心配ですが、別の心配が首都圏で、、、。

 日が経つにつれて被災の状況が次々に悪化しています。犠牲者数がどんどん増え、悲しんでいます。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

 そんな中で、テレビや新聞で生還された方のお話を聞くと、ほっとします。

 中には悲しみをこらえ、

「復興を目指して頑張ろう。」

「日本人の凄さを見せてやろう。」

と、家をなくしたご年配の方が言っていたことには感動しました。

 そして昨日、安否がわからなかった私たちの友人、フィッシュ&フィンズの福島メンバー2名と、その家族が安全であることの報告が届きました。本当によかったです。

 ネットでこのブログを見て、福島の2人って自分たちのことなんだろうと、安全を知らせる電話をかけようとしてもメールもダメだったそうです。(ちなみにDoCoMo)

「やっと電話がつながりました。」と言う声を聞いて涙が出ました。

危険もあったそうです。最初の地震の後、職場のみんなで非難した後、何も起こらないので海岸から500mほどの川岸にある職場に戻ってしまったとか、、、。

事務所の中はぐちゃぐちゃで、どこから片付けようか悩んでいたところに2度目の揺れ、屋外に出て川を見ると、第一波はの水がどんどん引いて、、、。

沖を見ると、、、、。白い壁が、、、、。

 あと5分遅かったら波に飲み込まれていたそうです。

自宅は破損した程度だったそうです。ガソリンがまったく買えないと嘆いていました。

 私の住む、羽村でもガソリンは買えません。長蛇の列です。過剰な備蓄意識がそうさせるのでしょう。

 お米も買えません。パンは買えますが、、、。我が家では備蓄用ではなく、常食用のお米も少なくなって来て困っています。

 東京にも大きな地震が来ると予報が出たからでしょうけれど、その過敏な反応は良くないと思います。

 ガソリンを急いで買わなくていい人まで、家にある全部の車を満タンにしておこうとするからこんな状況になるのです。

 もし東京に大きな地震が来たら、、、。と多くの人があつまるイベントが安全確保のために中止になるのは理解できます。

 でも自分たちのことだけ考えて買い占めるなら、その分を被災地に回してあげる気持ちを持つことが大切なのではないでしょうか?

 レストランでは普通に食事ができます。理解できない状態です。

 

|

東日本大震災」カテゴリの記事