本文へジャンプします。




« 停電対策 | トップページ | 本当の丸太 »

2011年4月18日 (月)

桜ウグイも舞いました。

P1030754

17日はフィッシング・カレッジの釣行会でした。

朝は寒く、陽が昇ると暖かいと言うアメリカのモンタナのような陽気でした。

先週末、大フィーバーがあったポイントには私たち以外にも、多くの釣り師がいて、こんなに混んでいるのは久しぶりだと、指導をしていただいた川崎河川漁協の早川弘之さんが言ってました。

早川さんはこの景色が大好きで、「我がモンタナ」と呼んでいます。

フィーバー瀬付きも一段落したのでゆっくり釣れるかと思っていたら、考え方が同じ人は他にもたくさんいたようです。

この日はマルタ以外にも、ウグイやニゴイも釣れました。

私は最年少の下田理未ちゃんにガイドをしてマルタを釣っていただき、本日のミッション終了。この模様はフィッシングカレッジの釣行会レポートもご覧ください。

P1030712

20年来の友人、卯月さんにも川原で再会し、釣りがもたらす輪を楽しみました。

P1030724

P1030740

それにしてもこの景色、大都会東京のすぐわきを流れる川とは思えませんね。それほど気持ちのいい場所です。ゴミはあるけれどそれはしかたがないのかなと思います。

「我がモンタナ」ってわかる気がします。

P1030734

丸々太ったウグイ。40cm。アングラーは長島悠馬くん。もちろん降海型です。あるいは河口の汽水域から遡上したもの。ルアーはバックス3,5g。根掛かりが多いので、友人に貸す貸さないでもめてました。

この日はウグイが10尾以上上がりました。

P1030755

いい川です。地元の名人の肩に掴まり、対岸へ渡る理未ちゃん。

もちろんマルタも釣れました。

P1030719

まだまだ産卵前のお腹が出た個体がいます。

P1030746

ルアーではミノーや、スプーン、そしてスピナーで釣っている人もいました。掛かった瞬間に「楽しいなあ~。」を連呼していた関塚さん。

P1030737

散った花弁が流れてきて、まさに桜ウグイです。ルアーはバックス3,5g。

多摩川ではマルタはウグイなど雑魚の部類に入るため、遊漁券が必要です。

現場売りのみですから、販売員(監視員)が来たら快く購入しましょう。

一人500円(小学生以下無料)

来月の釣行会は5月16日(日)、秋川フィッシングセンターで行います。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事