本文へジャンプします。




« 全員釣果だあ! | トップページ | 熱が入ったフライタイイング »

2011年5月22日 (日)

浮上!

 新緑の奥多摩に癒されました。

Img_3193

 少年サンデースーパー増刊号にクリムゾンズというベニザケマンガを連載している菅野孝典先生らと一緒に奥多摩へ出かけました。

 そこでは素敵な緑が私たちを歓迎してくれました。

まずはキャッチ&リリース区間へ、、、。

放流魚も多いのですが、きれいな魚たちが釣れました。

Kosuge1

それだけではありません。

足元に小さな魚影が、、、、。

Img_3208

今年の春に産卵したニジマスの稚魚が、泳いでいました。

そこへ漁協の加藤さん登場。イワナの稚魚も網ですくって見せてくれました。

Img_3213

Img_3216

感動する菅野先生でした。

釣りのほうはと言えば、、、。

上記のイワナや、、、、、

Niji

キャッチ&リリースされて上顎骨がなくなったニジマス。あれ、バーブレスフックならこんなことにはならないはずですよね、、、、。

20110521_004_2

なかなか釣れなかったのですが、ヤマメも私のフライに騙されてくれました。

これでグランドスラム達成!!!

ちなみにロッドはアルトモアハリー933-3(3ピース)

リールはハーディマーキス5でした。

ヤマメを釣ったフライは#16のCDCダン。

やっぱり良く釣れますね。

11時までの釣果はイワナ5、ヤマメ1、ニジマス2でした。

ヤマメのアワセ切れがあったのが痛かったです。

ニジマスはこのネットに入りきらない40cmオーバーのきれいなヤツ(たぶんこの春産卵に参加したオス)を釣ったのですが、Yさんに撮ってもらった写真が写ってませんでした。きっとデジカメのシャッターをぐっと押し込まなかったのでしょうね。

また釣ればいいんですけどね。

昼食はちょっと下って、奥多摩湖畔の手打ちそばやで食べました。一皿750円、大盛り設定はなし。味はそこそこでしたが、はっきり言ってこの値段では少なすぎました。将来この店で食べることはまず無いでしょう。

菅野先生ゴメンナサイ。

で、これでは昼食として足りないので、さらに下って日原川河畔にある、東京トラウトカントリーのメイフライでコーヒー&ブレッドセットを食べ、またここでも川の瀬音に癒されて帰宅しました。

渓流釣りは癒しがあっていいですね。

下流の多摩川森林組合の友人たちにも、ぜひ来ていただきたく思います。

|

フライフィッシング」カテゴリの記事