本文へジャンプします。




« 風で、、、。 | トップページ | 避暑フィッシング »

2011年6月29日 (水)

ギョギョッとさかなくん

フィッシングカレッジではありませんが、、、。

Img_37002

Img_3708

海洋大学の海洋工学部(越中島校舎)で、公開講座が行われています。

「海、環境及びエネルギー」と言うテーマで6月27日(月)~7月2日(土)まで毎日行われています。

自由参加ではなく、事前申し込みで40名。最終日に海洋大の汐路丸に乗船するので人数制限があるとのことです。参加費は7500円ですが、申し込み開始と同時に殺到し、抽選を行ったそうです。

この講座の主宰者は、刑部真弘先生。私と一緒に「サバがマグロを産む日」を監修してくださった先生です。

この日は刑部先生と打ち合わせがあったので、客員教授の私は特別に講座聴講させていただきました。

控室ではいつものさかなクンでした。。拙著「やまめとさくらます」の帯で推薦分も書いてくれたほど、義理堅く、またこの本で勉強になったとか、、、。嬉しいこと言ってくれますね。

Img_3705

今日の講義は、さかなクンの「海と魚」がテーマ。

毎日テーマと講師が変わるのです。

さかなクンが入場すると教室から拍手。刑部先生は「昨日私がやったときは拍手はなかったぞ。」と突っ込みます。初日は刑部先生の「海とエネルギー」という講義でした。

話は魚類の分類から始まりました。

日本にいる約4000種の魚類のうち、1000種が東京湾にいるというお話で、さかなクンのイラストで解説が始まりました。

Img_3721

しかし、、、、、。熱が入り過ぎて到底90分では終わりません。5分前には刑部先生からブレーキがかかるのですが、、、、、。

パワーポイントの絵を飛ばしながら止めようとしないさかなクン。本当に熱心です。

時間をオーバーしてもなお質問には丁寧に受け答えて、、、。

私も見習いたいものです。

Img_3722

「刑部先生~、ごめんなさ~い。」というお笑いキャラも入って無事終了しました。

東京湾には驚くほどたくさんの魚がいます。

最後のほう、飛ばし気味だったのでちょっと残念だったけど、、、。楽しかったです。

Img_37242

今日以降の講義は

・船を利用する防災スマートシステム

・海の街横浜スマートシティ

・スマートシステムの意義

・汐路丸体験航海

と続きます。

抽選で当選してきている参加者だけに勉強熱心ですね。

6日間連続で、しかも有料ですからね。みなさん一生勉強ですよ。

フィッシングカレッジは、7月11日(月)午後6時半から行います。

こちらは無料です。

詳しくはこちらをどうぞ

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事