本文へジャンプします。




« 日々上達しています、、、、かな? | トップページ | 奥多摩で魚講座 »

2011年6月20日 (月)

福島県産のマスを食べよう

 風評被害をぶっ飛ばせ!

福島県産のマスを食べて、復興に少しでも貢献しようというフィッシングカレッジ釣行会を行いました。

P1040859

 6月の釣行会は本流の釣りをやろうと思ったのですが、ここへきて福島県産の農水畜産物に、原発の風評被害で出て、実際に現地の生産者が困っているという話を聞いて、「なにか出来ないか?」と考えたところ、福島県林養魚場のマスを放流している開成水辺フォレストスプリングスで、そのマスを釣って持ち帰り食べましょうという企画になりました。

当日は開成フォレストスプリングス主催の「あじさいカップ」が開催されていて、こちらも盛況に行われていましたが、釣った魚は持ち帰らないという方も多かったようです。

Img_3554

いつも釣っても逃がしているから、仕方がありませんが、私たちは良型はすべてキープ。さばいて持ち帰りました。

昼食ももちろんメイプルサーモン料理でした。

林養魚場のマスを使ったトラウトカレー、刺身が入ったカリフォルニア丼、秘密のタレに付け込んで揚げたマス丼、そしてメイプルサーモンのスモークをいただきました。

Img_3598

釣果のほうは、、、、。

最大で40cmぐらい。期待した60cm強の大物は、ばらしたヤツの中にいたのか?切られた奴の中にいたのかは分かりません。

さばいてみるとこんな感じです。

P1040893

P1040886

今週はこれらの魚をいただきます。

みなさん、自分が今、無理なく出来ることを考え、自己満足でも構いませんから、被災地、そして風評被害者の方々のことも考えましょうね。

「明日は我が身」

ですよ。

みんなで、応援、支援、心の支えしましょうよ。

P1040897

少年サンデー超増刊号(月刊)にクリムゾンズと言うベニザケマンガを連載中の管野孝典先生((右)も駆けつけてくれました。

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事