本文へジャンプします。




« スティールヘッドも登場!クリムゾンズ、2巻が発売されました。 | トップページ | 3月11日を偲びましょう。三陸・越喜来の仲間たちへ »

2012年1月29日 (日)

いよいよ来週。2月6日です。

東京海洋大学フィッシングカレッジ

日時:2012年2月6日(月) 午後6時半より

講座概要

  ルールとマナーを知って楽しい釣りを。日本の釣りの理想的な将来は?

    ~釣りにはこういうルールがあった~

講師・山崎雄一郎(水産庁・釣人専門官)

釣り師が知らなくてはいけないルールとマナー、その中には法律で定められていることももたくさんあります。知らなかった、では済まないことも、、、、。

場所:東京海洋大学品川キャンパス 7号館1F 多目的交流研修室

参加費:無料。

どなたでも参加出来ます。申し込み不要。当日は遅れないように大学に来てください。(満員の際はお立ち席になることがあります。)

お誘いの言葉
誰でも気軽に楽しめるのが釣り(遊漁)ですが、実は釣りをする際にはいろいろな国や都道府県で定めたルールがあるのです。スポーツなら反則したら退場で済むようなこともありますが、釣りでルール違反をすると罪になることもあります。そんな釣りのルールですが、存在すら知らない人もいらっしゃると思います。

なぜそんなルールがあるの?遊漁料って?漁協の権利って何?ということやなぜかわからないけど釣り場で「ここは釣り禁止だ。」と一方的に追い出された方、リール釣りだからと納得のいかない高額な遊漁料を徴収された方も必聴です。

これから釣りを始めようと思っている方、お気軽にお越し頂いて疑問をぶつけてみてはいかがでしょうか。釣りをとりまく実状や理想についてアメリカで取り入れられている遊漁の施策なども紹介しながら、楽しく釣りをするために知っておいて欲しいことを水産庁釣人専門官の山崎さんが話してくれます。

東京海洋大学産学地域連携推進機構

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事