本文へジャンプします。




« 福島県で原発の危険区域だった楢葉町へ行ってきました。 | トップページ | 天然イワナの話 »

2012年9月11日 (火)

フィッシングカレッジ行いました。

昨夜(9月10日)はフィッシングカレッジの日でした。残暑厳しい日でしたが、30余名の方々が、サケの話を聞きにきてくださいました。
講師は築地のサケ仲卸の老舗、北田水産も北田喜之助社長と、私奥山文弥。

生態の話や食の話,世界のサケの話で盛り上がり、あっと今の2時間を超えてしまいました。

北田さんは、チリ銀ザケの養殖が始まる前と始まった後のサケ市場の話や、若かった頃、アラスカのキーナイ川(開高健で有名)のほとりのソルドトナにいていくら作りをしていた頃の話など、一般的にはあまり聞けない話もしてくださいました。

私はサケマスイワナのわかる本をベースに、そこに書かれていない、調査活動時に感じたイワナの神秘についてお話ししました。

次回は10月1日(月)。カニカマなどイミテーションフーズの話を水産大学校名誉教授、マルキユー株式会社顧問の原田勝彦さんが講演します。

皆さん、大学講義室でお会いしましょう。

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事