本文へジャンプします。




« | トップページ | フライフィッシングフェスタ in 川越 »

2012年12月 2日 (日)

あこがれていた魚

少年の頃、なかなか釣れないこの魚にあこがれていました。

Dsc03211

 フナ釣りをやっていると、突然現れてそして去っていく。池の主みたいな魚。それを今、フライフィッシングで釣るとは思ってもみませんでした。

 60cm級が釣れてしまいます。この釣りを教えてくれたのは、故・テツ西山師匠。1989年のことでした。

あれから20年余、技術も身について、そして栄誉なことに、師匠に代わって雑誌の取材を受けるまでになりました。

そのうち出てくると思いますが、週刊「日本の魚釣り」コイの生態や釣り方を私が開設しました。

Dsc03210

コイは出来ればラバーネットですくいましょう。十みょも長くそして強い魚ですが、インパクトは少ないほうがいいに決まっています。

ネット上で見ることがありますが、ボガグリップと言う口を挟む道具。あれはギャフ(手鈎)と

同じです。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事