本文へジャンプします。




« コセキのキセキ!? | トップページ | 木戸川サケモニタリング調査 »

2013年11月12日 (火)

しらこばと水上公園でのフィッシングカレッジ

今回もメインステージで講演させていただきました。

Dsc_0072

お話の内容は「サケマス・イワナの科学」

サカナの生態を知って水圏環境に興味を持ちましょうという目論見ですが、毎年朝早くの講演ですので、」どれだけの方々が話を聞いてくれるのか不安です。

Dvc00210

ま、でも児嶋玲子さんがMCをしてくれたので、レイコさん目的で集まってくれてよかったと思います。

サケとマスの違いや、自然を大切にしないと天延魚がいなくなるという話をさせていただき、釣り人ならば自然の監視員になるぐらい興味を持ったほうが面白いですよと説明しました。そして釣った魚の命は貴女の手の中にあることも。

ここにはクラーク高校のさいたまキャンパスの生徒も集まってくれてこの後にフライキャスティングを練習しました。

参加日は50分1000円。このイベントでは一番高い催しです。

IFFFの公認インストラクターである私から学べば、ただなのに、、、、。

実習中は釣りに夢中になってそれどころではないのですかね。(愚痴ってシマイマシタ)

Dsc02132

Dsc02130

本当は2~3人の少人数でやるために値段が高かったのかも知れませんね。

この秋の実習にその成果を見せてもらいましょう。

Dsc02136

|

フィッシング・カレッジ」カテゴリの記事