本文へジャンプします。




« ナマズは撃沈! | トップページ | 祝!新年初ナマズ。 »

2014年1月 5日 (日)

2014年、初釣りは、、、、。

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、新たに多くの方々と出会い、助けられ、こうして新年の初釣りを迎えることが出来ました。

Dsc00070_2

毎年、家族で1月2日に出かけていましたが、今年はダブル受験のため、2日は初詣に行っただけで、初釣りはなし。

そのあと、4日にタマゾン川ナマズ釣りに出かけて来ました。

朝7時半に到着すると、すでに4名のアングラーがいて、一番近くの方に挨拶して、その両側に入らせてもらいました。

 私の目の前ではコイがパクパクやってましたので、同行者を呼び、2人で釣りをしているとその人にいきなりビッグヒットがありました。

ロッドが大きく曲がり、カメラを出そうとした瞬間に惜しくも外れてしまいました。ジャンプしなかったので、ナマズか、コイか?

今度はちょっと下流にいた先行者の方がヒット。

「いいなあ、ナマズかなあ」と羨ましそうに見ていると、その魚はその後

ジャンプし、浅瀬に誘導されたそれは40cm弱のコクチバスでした。

その後私に強烈なヒット、

「やった!」

ロッドを大きく振って合わせるとジャンプ。「え?」

そして猛ダッシュ!!

あれ?いつもの引きと違う、と思っていたら、、、、

またジャンプ、ジャンプジャンプ!

大きなコクチバスでした。

懐かしい気持ちで下唇を掴んでゲット。

Dsc000142

こんな大きなコクチバスは初めて釣りました。51cmです。

私は昔、

バス少年→バスマン

だった頃がありまして、オオクチバスは49cmまでを散々釣ったのですが、50cmオーバーに恵まれませんでした。

初めて50cmオーバー釣ったのは羽村に引っ越してきたから通った奥多摩湖の55cm。オカッパリでした。

コクチバスも、桧原湖の入れ食い黄金時代、野尻湖のスーパーな黄金時代を経験し、数多く釣りましたが、こんなサイズは初めてです。重さは2kgでした。

タマゾンで釣れちゃうなんて、、、、。

Dsc00022

しかし、今、コクチバスは特定外来生物です。JGFAもこの魚は検量対象にしていません。

大きな魚を釣って嬉しいのですが、微妙な気持ち。

この魚の運命は私の手の中にあります。

川崎河川漁協ではコクチバスを駆除しています。

「逃がさないんですか?」と先ほどの先行者。

返事に困ってしまいました。

リリースすべきか?

森の栄養になってもらうべきか????

心の中で葛藤しました。とりあえず、浅瀬に繋いでおいて、、、、。

そうだ。漁協の人に渡して処分してもらおう。

そう思っていたところ、同行者にヒット!

私たちはナマズロッドと言っているハルシオンのアジトというアジ釣り用のロッドでした。

Dsc00067

ナマズは56cmでした。

気がつくと周辺にはフライの人が増えていました。オイカワ狙いの人、コイ狙いの人、ツーハンドでナマズかコイ狙いの人、、、、。

私はその後、毎年恒例のコイのフライフィッシングにチェンジ。

Dsc00077

ショックパンと言うパンフライでコイをゲットしました。

それにしても恐るべしタマゾン川。真冬でもナマズがヒットします。

後で知り合いが同じ日の午後に別の場所でもナマズを釣ったと聞きました。

もともとタマゾンと言う名前は、ナマズハンターの私の友人が

「タマ川はアマゾン川のようにナマズが多い。」

と言ったことからあだ名が付きました。それがマスコミによって曲げられ、熱帯魚が棲む悪の川と、悪いイメージになってしまったのです。

流域に400万人を越える人たち住んでいてその生活に使われた処理水を流しているのですから、水温は高くて当たり前です。

冬でも栄養たっぷりの暖かい水が流れるため、ナマズが真冬でも釣れる、そういうヒーター付きの川にしているのは私たちです。サイボーグリバーにしたのは私たちです。

それは生活を支え、それでも自然へのインパクトを最小限に抑えた結果なのです。そして魚は多いという2次的な効果も。

それで文句言うなら多摩川流域に住んで欲しくないです。

私のこのナマズパワーで多摩川の悪いイメージを払拭できないかと考えています。

タマゾン川には今年もお世話になります。

個人的な趣味としてだけでなく、自然科学教育をするのに最高の川です。

若い頃、カナダやアラスカの川で、マスやサケ、そしてテツガシラまでを釣った私ですが、今は身近な多摩川に興味津々です。

ところであのコクチバス。多摩川漁協の監視員のSさんが来たので、処分をお願いしたら、

「うちは、川崎河川漁協と違って駆除してないよ。」

「バス釣りに人にもたくさん来て欲しいから。」って

「かわいそうだから早く逃がしてやんなさい。」とせかされて、、、、、。

後はどうなったか想像にお任せいたします。

それにしても今日の多摩川は混んでいました。

今までこんな人が多かったのは、マルタフィーバーのときだけだったのに、、、。

私はこの日、ナマズをゲットできませんでした。

と付け加えて、今年初のレポート終了です。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事