本文へジャンプします。




« 祝!世界記録!!! | トップページ | 少年サンデーに載せていただきました。 »

2014年3月 1日 (土)

多摩川のナマズ フライフィッシングでチャレンジ

タマゾン川のナマズ釣りを始めて10ヶ月、そろそろ生態がわかってきたところでフライフィッシングでのチャレンジをしたくなりました。

Dsc00278

スピニングで狙ってもなかなかつれないナマズくん。フラで釣るにはどうしたらいいのでしょうか?

ということでいつも考えながらスプーンを投げていました。

魚へのアピール、波動、飛距離、探索範囲、フッキングのしやすさ、アプローチのしやすさ、などなどを考慮し、フライの大きさや水にひかれたときのアクションなど、悩むのも非常に楽しいものです。

ナマズをフライで狙っていると言うと、

多くの友人が、フライをする人ですが、

どこへ行ったら釣れるか?

どうやったら釣れるか?

フライは何を使ったらいいのか?

タックル、特にラインの重さや沈むスピード

などなど聞いてきます。

でも

それがわかっちゃったら苦労しません。

わからないから最初はルアーをやって様子をみたのです。ルアーだってなかなか釣れなかったんですよ。

それをフライでやろうって言うのですから、、、、。結構自虐的な世界だと思います。

それも夜、ポッパーで釣るのなら比較的簡単に成功するのでしょう。

私は昼間にミノーやスプーンにアタックするナマズがいるのでそいつらをフライで釣りたかったのです。

釣りは1に場所、ですから、、、、、、

まず、タマゾンで出会った人たち、特にルアーでバスを狙っている人に声を掛け、ナマズ情報を探りに探りました。もちろん、多摩川森林組合のナマズ班の方々にもお世話になりました。

そして

Img_9932

情報社会と言われますが、情報を得たからと言って、魚は簡単には釣れません。

投げて投げて、投げまくる。これしか釣る方法はありません。

もし貴女がナマズのエキスパートであったなら、あの場所のこの時間には浅瀬に出てきているはずだ、と予想して、投げ始めて数投で釣ることが出来るかも知れません。

しかし私には無理です。

投げるしかない。

「ナマズ釣らせてくださいよ。」を頼まれることもあります。

一緒に投げましょう。と答えるしかないのです。

私にとってはスティールヘッドより難しい魚でした。

それが少しずつ、身近なものになって来ました。

Img_9939

ちなみに、ルアーの友人が3連発の横で、私にはアタリもないということもありました。

朝、釣りを開始して20ほどで際穂のアタリがあり、それをバラシてしまったあと4時間投げまくってボウズ、とか、、、、。

このナマズは、カワウを追い払ってから3時間投げまくった後にヒットしました。

スカジットキャストでフライはイントルーダー。

非常に満足度の高かった魚です。

姿や色はスティールヘッドとかけ離れていますが、、、、。

60cmオーバーの魚をツーハンドで釣る。

タマゾンのナマズ、万歳!!!

Dsc003272

今年はフライで3kgオーバーのナマズをしとめてみたいと、タマゾンに通います。

行かなきゃ釣れないんですから。

みなさん、準備はそこそこに、現場へ出ましょう。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事