本文へジャンプします。




« マグロ釣りではなく、、、、。 | トップページ | 本流釣り »

2014年9月13日 (土)

欧米の大富豪は釣りが好き

「釣りを教えてください。」

と個人レッスンの依頼をしてきたのは、

ミリオネアコンサルタントとして知られる、あの鳥居祐一さんでした。

Img_4936

 

 9月8日(月)に東京海洋大学で行われたフィッシングカレッジを鳥居さんは受講されました。終了後、すぐに個人レッスンの申し込みがありました。

 毎月1回フィッシングカレッジ釣幸会、「奥山塾」を行い、皆さんとご一緒しているのですが、技術的にも、釣果的にも、そして奥山のコンセプトを吸収するためにもプライベートの方がいいとおっしゃるので、、、。

多忙な方ですが、ちょっとはバタバタしている私とスケジュールが合ってよかったです。

 9月11日、雨予報が心配でしたが、群馬県の前橋市郊外にある宮城アングラーズビレッジ(宮城AV)に行ってきました。

 鳥居さんの目的のひとつでもある釣った魚を食べたいという希望をかなえるためです。

 最初に相談を持ちかけられたとき、淡水魚で「釣って食べて、おいしそうなのはニジマスか、品種改良したメイプルサーモン、そしてアメリカナマズしかありません。」とお話したら、

「キャットフィッシュ(ナマズ)いいですね。」

と、眼を輝かせました。

鳥居さんは米国滞在が長かったので、現地では大人気のナマズに対して興味深々。

日本ではあまりなじみがありませんよね。

しかも

「日本でアメリカナマズが釣れるなんて。」と米国生活を懐かしんでました。

宮城AVでは10年以上前からアメリカナマズのゲームを提供しています。基本はキャッチ&リリースなのですが、1尾だけキープ(お持ち帰り)が出来ます。

そこで出来るだけ大きなナマズが掛かるまでリリースを続け、3kg以上が釣れたらキープしましょうということになりました。

私の分も含めトータル2尾です。

鳥居さんは自己向上を目指す人、人生をリセットして生まれ変わりたい人、独立したい人などを応援する「人脈塾」を主宰されています。その交流会というパーティで、今回のナマズ皆さんに味わってもらいたいと言ってました。「人脈塾」という本やDVDも出版されています。

私のような釣りの本とは世界が違いすぎますね。

こんな凄い人からレッスンを頼まれ、釣りの魅力、幸せ度を教えながら、デカイ魚を釣る。そして釣果をみんなで味わうというミッション。

私の責任は重大です。

それが出来るのは関東では宮城AVしかないと思いました。

Dsc03670

またさらに今回の釣りは単に釣れればいいというものではありませんでした。

鳥居さんが言っていた「欧米の欧米の富豪たちが歳をとるとゴルフから釣りに趣味を換えている人が多い。」という事実。

それはなぜかという理由も、今回理解していただかねばなりせん。

現地へ突くと一時的には土砂降りで

「天は我々を見放したか?」

と、一瞬思いましたが、クラブハウスでレクチャーをしながら待っていると雨も止みました。

まずはスピニングリールの扱い方、そして魚がなぜ、ルアーに食いつくのか?

食べたいという人がいて、リリースする人がいる。その目的の違いや、環境の話が続き、

釣りをしながら鳥居さんからもさまざまな人生のプラスになる話を聞きました。

とても貴重な機会だったと思います。

釣りのほうは果たして、、、、。

Dsc03648

基本を繰り返しながら、小型を何匹か釣っている間に、、、、

出ました!74cm、5,8kg!!

これで面目躍如です。

Dsc03659

ナマズの肉はこんな感じ。

この肉は9月25日に行われる人脈塾交流会で振舞われるそうです。

食べてみたい方、あるいは新しい出会いが欲しい方は

https://www.facebook.com/events/1466052730201153/

でお申し込みください。

もちろん私も参加します。

今回の模様の続きはメルマガで

https://i-magazine.jp/bm/p/bn/list.php?i=ffokuyama&no=all

メルマガ配信希望の方はこのブログのトップから、手続きお願いします。

釣りをやっていてよかったと、人生に役立つアドバイスを配信します。

帰路、鳥居さんが話してくれました。

「欧米の富豪が釣りをする理由がわかったような気がします。」と。

「奥山さんは私の師匠です。社交辞令ではなく、これからもよろしくお願いします」と、言われました。

もちろんですとも。

これらこそよろしくお願いいたします。

鳥居さんが行う人脈塾の足元にも及びませんが、

皆さんの笑顔が私の幸せです。

こんな凄い人に「師匠」と呼ばれて、私はさらに幸せでした。

奥山塾でも広めて行きたいと思います。

ここからは宮城AVの宣伝

宮城AVでは、オオクチバス(ブラックバス)、チャンネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)、ストライパー(ストライプドバス・縞スズキ)を3種の魚を扱っています。

すべて特定外来生物に指定され、売買、持ち出し、飼育、放流が禁止されてる魚たちです。

ここでは特定外来生物法の施行時に、環境省から許可を取り、厳重な管理化のもので営業しています。

従いまして、何の後ろめたさもなく、どうどうと外来魚釣りが出来る日本唯一の釣り場であるといえます。

ゲームのみを楽しむばかりでなく、今回の鳥居さんのように食べたい方も歓迎します。ただしナマズ1尾のみ。殺しての持ち出しのみ許可されています。

どうぞお楽しみください。

下は、今回私が釣った3種の対象魚。

この3種を釣るとグランドスラムです。

Img_4919
平均的なサイズのキャットフィッシュ

Img_4922
若者に人気のあるブラックバス

Img_4934

暴力的な引きをするストライパー。

今回の大ナマズとのファイト、私が撮った動画があります。

鳥居祐一さんのフェイスブックに投稿され、

私のページにシェアしてありますので、ぜひご覧下さい。

次回の東京海洋大学フィッシングカレッジの開催は10月6日(月)です。

皆様のお越しをお待ちしています。

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事