本文へジャンプします。




« マグロが跳ねていました。 | トップページ | 欧米の大富豪は釣りが好き »

2014年9月 7日 (日)

マグロ釣りではなく、、、、。

9月6日(土)友人がチャーターした船に便乗させていただき、相模湾に出撃しました。

Dsc03570

イワシの撒きエサつき、しかも早朝出港なので、マグロかカツオを期待してました。

しかし、船長はパヤオに行って、まずシイラを釣ってから、といいました。

高ぶっていた心が少し沈みました。

「最初にパヤオに行っておかないと、後からだと皆に攻められてスレて(賢くなって)しまうから、、、。」とも。

また前日にはサワラが釣れたそうで、それならサワラをルアーで狙ってみようと納得しました。

半分諦めつつ、沖合い釣り始めての友人のことも考え、その人に何でもいいから釣ってもらえばいいか、とも考えていました。

本当は朝一のやる気のあるマグロにルアーを投げたかったのですが、、、。

最初のパヤオではシイラがワンチェイスしただけでヒットはなし、イワシダンゴ(魚がイワシを追い上げて玉状にある)も出て、

一瞬カツオか?

と期待しましたが、それはぺんぺんシイラといわれる小型シイラが追い上げているものでした。

サワラを断念しルアーロッドをおいて友人のガイドをすることに、、、。

エサ釣りの友人は一発目でヒット。いきなりやってきた暴力的な引きを堪能していました。

Dsc03574

ルアーやフライはヒットせず、エサで何匹がゲットし、1mオーバーもヒットしたのですが、それはネットミスでバラしてしまいました。(私じゃありませんよ)

そして2番目のパヤオへ。

そこもシイラばかりでしたが、主宰者の友人たちはフライロッドでシイラを次々に釣り上げます。イワシを撒くと、狂ったようにシイラが取り合って、フライですぐに掛かるのです。

Dsc03580_2

ここでも私は友人のサポート。えさで何匹か釣った後、主催者側のメンバーが一通り釣ったので、フライロッドでの体験も勧めました。

 シイラはガンガン掛かります。しかし残念なことに、アワセが出来ず、セットフック(口にしっかりハリを掛けること)ししないでバラシまくりでした。

 その周辺に泳いでいた最大魚、恐らく120cmぐらいのオスも食いつきましたが、バラしてしまいました。

やっと10尾目でセットフック。

Dsc03581

これもまた暴力的な引きで彼女を翻弄します。

ロッドはオービスのT312番、リールはビリーペイトのボーンフィッシュ、マグロが掛かってもいいようにバッキングラインは300m巻いてあります。フライはフィッシュ&フィンズのメンバー白戸さんが巻いたホワイトキャンディーです。

やっと掛かったとはいえ、10連発でヒットしているのですよ。

主催者の方々は「喰いが悪くなったなあ~」と言っていたので

「ゴメン、彼女が9尾セットフックできなかった。」とお詫びしておきました。

Dsc03586

私を除く全員が十分にシイラを釣ったので、マグロ探しにクルーズ。

何回か群れを見つけましたが、ルアーには食いつきません。

群れの前に回りこんで、撒餌して群れを浮かせ、後ろからイワシを流して釣る方法を提案しましたが、まわしてもらえませんでした。

撒いたイワシを1度だけマグロが食いあげたのですが、すぐに船を動かしてしまうため、せっかくエサがあるのに釣りになりませんでした。

Dsc03582

で、いつのまにかパヤオに戻りシイラ釣り。

 初参加の友人は大満足、「シイラってすごいですね、素敵ですね。」と感動していただいたのが、私の喜びでもありました。

「本当に船の周りがシイラだらけになるんですね。」

「でしょ?このシイラ釣りの環境がキライって言う人はトモダチになれませんから。」とお答えすると、

納得していただいたようです。

シイラ14ゲットの内、フライで2尾。初めての沖合い釣りにしては出来すぎです。

Dsc03584

それほど面白いシイラを釣れる環境だったのに、なぜ釣らなかったのか?

最初のうちに大型がたくさんいるたのに

なぜ釣らなかったのか?

不思議に思う方もいることでしょう。

それはね。マグロが目的だったからですよ。

マグロを釣る予定のタックルでシイラを何匹か掛けると、イトがほんの少し弱ります。

それがマグロがヒットしたときの致命傷になることだってあるんです。

今日は最初からシイラ釣りが目的ならいい条件でした。

二兎を追うものは一兎も得ず。という諺がありますが、、、、。

今回はシイラが目的だった乗船者も、途中からマグロを追いかけたので不完全燃焼だった

かもしれません。

奥山が乗っていなければ、もっとシイラが釣れたかも。

その点はゴメンナサイ。

メルマガもよろしくお願いいたします。登録は下記から

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=ffokuyama

|

シイラ・カツオ・マグロ釣り」カテゴリの記事