本文へジャンプします。




« 福井県の高校で釣りの科学 | トップページ | 江戸前高級魚 スズキ釣り »

2014年11月18日 (火)

秋のタマゾン

次男と釣りに行くのは何ヶ月ぶりでしょうか?

Img_6307

この秋、宮沢湖に行ってヘラブナを釣りましたから正式には2ヶ月ぶりなのですが、朝から真面目に釣りをするのは、昨年の正月以来です。

この日は早朝からなまず狙いでルアーを投げましたが不発。

私に、らしいヒットがありましたがばれてしまいました。

Img_6284

3時間経ってノーヒット。すでに日は高くなってしまいました。

11時にはストップして帰宅予定でした。

このままボウズでは、久しぶりの釣りがつまらなくなると、

パンを流してコイ釣りにチェンジ。

うまい具合に、伊勢尼バリがバッグに入っていました。

開始して経ったの5分。

午前10時を過ぎた頃、

1発目からいきなりビッグサイズが

Img_6294
慣れた手つきでランド。2年ぶりとは思えません。

Img_6295

なんと73cmもありました。

Dsc04630

50cm級を2尾リリースした後、またもやビッグヒット!!

Img_6314
74cm、5,4kgの大物でした。

息子には私の遺伝子が入っていると、親バカを確信した日でした。

次男は、長男と一緒に3歳の頃から多摩川に出てコイ釣りをしてましたから、まったくの初心者がまぐれで釣ったのではないということも加えておきます。

三つ子の魂百までも

ですね。

今度はぜひナマズを。

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事