本文へジャンプします。




« サケマス・イワナの科学 | トップページ | 福井県の高校で釣りの科学 »

2014年11月10日 (月)

木戸川のサケ

今年も木戸川にサケが戻ってきました。

Dsc04338
木戸川漁協の鈴木謙太郎さんと。

311の震災の後の原発事故の影響で、捕獲禁止になってから4年。

今年は3年目のモニタリング調査ですが、放射性物質の検出はなしでした。

当たり前ですよね。原発の建屋が爆発して放射能を撒き散らしたとき、サケは北洋を泳いでいるのですから、、、。

今年は海洋大卒業生、在校生と一緒にお手伝いに行ってきました。

Dsc04328

また木戸川が流れる楢葉町では、3年前から立ち入り禁止が解除され、少しづつ、帰宅準備が進んでいます。

周辺の放射線量もほとんどありません。

Img_5949

Dsc04347

切り刻んで検査に出します。

Img_5907

見事なオスザケです。

Dsc04351

川に上っても身が赤いのが、木戸ザケの特徴。

Pa280192

来年から孵化事業が再開、そして釣獲調査はなるべく早く再開して欲しいですね。

サケで楢葉は復活する、と松本組合長も言ってましたから。

Img_5961

真ん中が松本組合長。

私たちは木戸川復興を応援します。

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事