本文へジャンプします。




« トップページが驚き!! | トップページ | 楽しい勉強?? »

2015年1月21日 (水)

釣るための練習?

1月18日(日)はフライキャスティングの練習会でした。メルマガでも情報配信しています。

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=ffokuyama

Img_7056

今回は先日配信したメルマガからの抜粋です。

前夜

インフルで発熱してしまって、

泣く泣くキャンセルという方がいらっしゃいました。

備えよ常に、日々鍛えよ。

ではありませんが、

せっかくのセミナーです。

体調管理をしっかりして

無理なさらず、ご自愛ください。

今回は

魚を釣るセミナーではありませんでした。

釣るための準備をするレッスンでした。

準備って何?

道具を揃える?

予備知識を学ぶ?

理論を知る?

いえいえ、

投げる練習です。

ブラッド・ピット主演の

A river runs through it

リバーランズスルーイットで紹介された

宗教と釣りの境界線がないと

言うぐらいの趣味でした。(趣味ではないのかも)

116146_1

これは素敵だ。

芸術の釣りだ。

と評価を受け、

映画が封切られたときは、

全米で、そして日本でも

大流行しました。

Dsc04880

フライフィッシングが

他の釣りと異なる点は

フライキャスティングと言って

特殊な投げ方を覚えないと

魚が釣りにくいことです。

重量のない軽い毛ばりを投げるので

独特ですが、

そしてその投げ方は

練習すればするほど

上手になります。

野球やテニスでもそうですよね。

ゆえに、スポーツという言葉の意味が

運動であるならば

スポーツフィッシングという言葉がピッタリな

釣りであるといえましょう。

練習しないと上達しないゆえ、

ビギナーズラックが起こりにくいのです。

だから練習に励みます。

面倒くさい

難しい

と言っていた人も、コツをつかめば

投げられるようになります。

Dsc04894

例えるなら、

最初に自転車に乗るときの

あの感じです。

慣れてしまえば

どんどん面白くなります。

今回の参加者たちも

一生懸命練習していました。

そして、

朝の開始直後よりも

終了間際には

皆さんかなり上達されていましたよ。

Img_7080

まだ釣りを初めて間もない方は、

早く魚を釣りたいって言ってました。

フライフィッシングで大切なのは、

ロッド(竿)とフライライン(特殊なイト)のバランスです。

バランスがいいと、投げやすく、

悪いとやはり投げにくいです。

私のお勧めは

格安の入門者セットを買わないこと。 です。

さあ皆さん、フライを投げる練習をして

新緑の季節になったら、水のきれいな渓流で

心を洗うフライフィッシングに行きましょう。

|

奥山塾」カテゴリの記事