本文へジャンプします。




« フィッシングカレッジ・講義レポート | トップページ | フライフィッシング体験セミナー »

2015年5月21日 (木)

奥山塾レポート フライ体験&トレーニング

5月17日は奥山塾で多摩川に行きました。

Dsc05827

参加者の声 その1

「出会いは夢の始まり

奥山塾には、夢がたくさんつまっています。

晴れるかな?  釣れるかな? どんな話が聞けるかな?

ワクワクしながらの参加です。

 

ど素人の私にわかりやすい説明

目的を同じにした同士たちとの楽しい会話。

日々の生活のスペシャル栄養剤です。

自然とのふれあいの一つ、釣りはサイコーです。

奥山塾は、釣れるんです️」 

 

 

参加者は計20名。漁業組合の清水文雄さんも見に来てくれました。

最初は奥山がデモンストレーション&セミナー。フライキャスティングの原理と魅力、そして上達への道を、技術修練を交えて実演しました。

Dsc05800


その後

初めて組、

ちょっと経験あり組、

更なる上達組みの

3つに班を分けて、練習開始。

初めて組は、まずフライラインが飛ぶ原理を学びました。

経験あり組は、自身のキャスト技術を向上させるため、復習とよりいっそうの練習に励みました。

上達組はダブルホールという、遠投技術を練習しました。

Img_8978

Dsc05835

フライを投げる練習中には、フライ(毛ばり)の代わりにヤーン(毛糸)をつけて行いますが、このヤーンにも魚が食いついてきました。

Dsc05840

Img_9006

ある程度投げられるようになると、目の前の魚が釣りたくなるわけでして、、、。

今回習得した技術で釣れなかった人

たまたま幸運で釣れちゃった人

見破られて掛からなかった人

魚までフライが届かなかった人

掛かったけど切られちゃった人

Dsc05854

とりあえず奥山がアシストしてヒットさせ、ファイトだけを楽しんだ人、

絶対自分で釣るんだと頑張った人

何故私にだけヒットしない、と落胆した人

ここに競争はありません。

参加者の皆さんが自身のペースで上達すればいいのです。

Dsc05860

参加者の声 その2

「きっちりとフライキャスティングの原理を説明してからの実践だったのでとてもわかりやすかったです!練習も褒めて伸ばしてくれる指導でしたので、ヤル気が出ました!!。

 超初心者ながらコイ釣りも体験させていただいて、大満足でした。

今回は9割以上先生のお力をお借りしましたが、いつか自力で釣れるようになりたいと思いました!!!。

 また参加させていただきたいと思いますので、その際にはまた是非ご指導お願いします。」T.I.様

 

Dsc05874

釣った魚はすべてリリース(逃がす)しました。

それは

食べないから(コイコクは美味しいらしいけど)

資源の確保(ゲームの相手がいなくなったら困る)

遊び相手への感謝(釣れてくれてありがとう)

です。

他にも理由はたくさんあります。

Dsc05878

皆さん、今回もいい出会いでした。感謝いたします。

|

奥山塾」カテゴリの記事