本文へジャンプします。




« 人工授精の実習も 木戸川サケ応援イベント その2 | トップページ | 三宅島海底調査 & フィッシング その2 »

2016年11月 2日 (水)

人工授精の実習も。木戸川サケ復興応援イベント その1

「今まで何にもしていないから今度行くときは連れてってくださいよ。」と清水亮一さんに言われていました。

「東北にゆかりがないから、何をどこでしたらいいかわからないんです。でも何もしないでこのまま終わるわけにはいかないです。」と。
羽村市に在住の清水さんは、実は私の少林寺拳法の兄弟子です。
911震災の際には私が岩手県三陸町に支援に行く際、手に入りにくかったガソリンを集めてくれました。
農家の耕運機用などの備蓄から給油して私は岩手に物資を持って行きました。
それだけでも十分な支援なのに、現地へ行きたいと彼は言います。
そういう人はたくさんいるんじゃないかなと思ってました。

Img_6709_2

2014年までは2〜3人でモニタリング調査の応援に行ってましたが、帰町の準備期間になった昨年、清水さんをはじめ、復興応援イベントとして同じ考えの方と一緒に行ってきました。

そして今年も。
・まだ復興応援していない方
・行きたいけど伝手がなく何をしたらいいのかわからない方
・サケの遡上を見てみたい方
私たちと一緒に行けば、現地の方々と緊張感なくお手伝いできますね。
ただ現地へ行くだけでなく、
1泊して夜はサケに関するセミナーを行いました。
これが福島県楢葉町木戸川復興応援サーモンセミナーです。
今年は3名のリピーターを含む12名が参加です。
1日目はご挨拶から孵化場長の鈴木謙太郎さんから木戸川についての説明がありました。

14695499_1661671890791204_7503175_2

Pa294252

Pa294247_2

漁協事務所には昨年度の参加者が捕獲したその日の最大のオスとメスを美術魚拓にしたものが飾られていました。これは参加者一同からの寄贈で、「あ、私の名前がある。」と清水さん。
鈴木さんは私たちを孵化場へ連れて行き、採卵の見学かと思いきや、、、、。

Img_6584_2

採卵、受精の体験をさせてくれました。これには参加者一同がびっくり。

Pa294294_2

Img_6590_2

Img_6553_2

自分たちが受精を手伝う、それは命の誕生の補佐です。このサケの卵たちが孵化し、海へ下り、4年ごは戻ってくることを楽しみにしています。と言い切れますよね。
この日は約3万粒の受精のお手伝い。
そして今度は川へ降りて、サケの捕獲のお手伝いです。
え、ちょっと待って。
サケの捕獲は水産資源保護法で禁止されているんじゃないの?
特に私たち一般人は、、、、。
ご安心ください。
ちゃんと事前に特別捕獲許可をもらってます。

Img_6721

この中に、私たちの名前もあるのです。
まずは木戸川の伝統的な捕獲方法、合わせ網です。
川いっぱいに張った網にサケを追い込んで挟み撃ちにする方法です。
上流から流網を流して、みんなで川の中を歩いてさけおw下流に追い込むのです。
両岸で網を持っている人の他は川の中を、流れる網を追いかけて歩くわけですが、慣れないと転びます。

Img_4016_2

網が合わさったら、引き上げます。

Img_4027

みなさんプロの漁師みたいになるわけです。

Pa294314_2

それを岸に寄せて、捕獲しますが、初めて生きているサケを触るのですから、こうしたいわけですね。

鈴木さんはよくわかっていて

「みなさんどうぞ。」と、、、、、、。

Img_6607_2

Img_6604_2

Pa294325_2

みんな自慢げですね。持ち方によって雰囲気も変わりますね。

「こんな楽しいことができるなんて信じられません。」

そう、復興応援に来て遊んでいるみたいじゃないですか。

いいんですこれで。

特にここの場合には、、、、。

人は人生の中で

やりたいこと、

できること、

やらなければならないこと、

がありますが、特に後者は

嫌々ながらということもありますよね。

今回はその全部がミックスされているわけです。

そしてそれはいいことなので、

楽しくて、面白くて、笑顔で、、、、、。

こういう活動ならずっと続きますよね。

私がそうでしたから。

その夜はホテルで夕食後、

会議室でセミナーでした。

木戸川漁協の鈴木謙太郎さん

アクアマリンふくしまの吉田光輔さん、

そして私、奥山文弥で

サケの基本的な話から、震災、原発事故、避難、避難中の生活、立ち入り禁止解除になった後の捕獲禁止でモニタリング調査、やっと許可が降りて捕獲、出荷、採卵までこぎつけたこと、そしてそれまで行われていたサケ聴覚調査での話、ムービー上映で盛り上がりました。

Img_6649_2

Img_6664_2

今回は捕獲ですが、やっぱり釣りしたいですよね〜。

翌朝は、地引網です。

河口付近のサケを網で巻き、人力で引いて捕獲します。

Pa304412_2

Pa304418_2

Pa304421_2

Pa304426_2

そしてここでも記念撮影。

普通はさせてくれませんよ。

Img_0090_2

Img_0084_2

Img_0081_2

これのロッドが添えられていたら、本当に嬉しいことでしょう。

しかし釣りなら他の川で、抽選に当たればできます。

この捕獲作業はここでないとできません。

(続く)

|

東日本大震災」カテゴリの記事