本文へジャンプします。




« 多摩川で大物を釣るレッスン フライフィッシング | トップページ | 山正丸  その2 釣りは楽しい筋トレ »

2016年12月19日 (月)

山中湖ワカサギ釣りドーム戦 貸切で和気藹々

12月11日(土)山中湖ドーム船を貸切にしていただいてワカサギ釣りをしました。

Img_7803

Img_7840

このイベントははや10年。何名かの常連ベテランと、新規の初心者が一緒に釣りをします。指導したりされたり、感謝したりされたりでいい人間関係を築くことができます。

Img_7803

 フィッシングカレッジ奥山塾今年最後のイベントはワカサギ釣りでした。暖かく釣れるドーム船です。

 12月11日(日)午前7時、湖畔の気温がマイナス5度の中出航。都内から高速バスを利用するために遅れて来る人は後から、シャトルボートでの送迎がありますから安心です。船は魚探でワカサギの群れを探し、アンカーを打って釣り開始。「魚影の恋群れがありますよ。頑張ってね。」という船長の言葉とは裏腹に私たちはまず釣具の使い方の説明。なにせ参加者18名のうち、13名がワカサギ釣りの初心者ですから。女性は半分の9名でした。

15515606_746683218816597_770586199_

私たちが山中湖でワカサギ釣りをする理由の一つは設備が整ったドムーム船であることと、そして目の前に富士山が見えるということです。雪化粧した日本一の山の前で最新設備の船で釣りをするというアンバランスが、楽チンでいいのです。

Gopr3615

Img_7867

フィッシングカレッジ奥山塾事務局長の平岡治房さんと

5代目アングラーズアイドルの石川文菜さん

Img_7879

海洋大OBの白戸孝明さんと麻生実花さん

レンタル釣り道具は電動のクリスティア。

仕掛けはがまかつの山中湖ワカサギというご当地定番シリーズの2号を使用しました。

エサは赤虫とベニサシ。

ベニサシは両側に一本ずつ針を掛け真ん中で切って使います。そうすることによって中身が出て来るので匂いが出て誘いになるそうです。一方の赤虫は赤い血が抜けやすいために頻繁にエサ交換をする必要があります。

 しかしそのエサ交換が集魚効果を生み、たくさんのアタリを出すことに繋がります。

Img_7887

ベテラン須崎隆さんの指導を受けました。鳥居祐一さんと武内祐子さん

 船長やスタッフのお兄さんも手伝ってくれてようやくみんなが釣り開始したのは30分後になってしまいました。それでも最初から「釣れた、釣れた。」と船中のあちこちで歓喜の声が上がりました。船が貸切であることも楽しい理由の一つです。

Img_7801

いきなり4連の武内祐子さん。

 みなさんが一段落した後、私は赤虫で釣り始めました。輪切りにした大根の縁に乗せて刺し通します。ハリがナノスムースコートという特殊な表面加工をしたものなので、これまでよりもエサの刺さりがよくつけやすかったです。

Img_7871

親子で参加の近えりこさんとももこちゃん

 ワカサギの食いもみなさんが連発するのがわかるほど活発でした。扁平穂先がプルプルと上下にお辞儀をしてアタリがすぐにわかります。多点掛かりを期待して追い食いを待ってあげるよりも、1尾ずつ着実に釣って行った方がいいと、船長のアドバイスでしたが、ついつい待ってしまいます。

Img_7945

世界記録のメバチを釣った市毛克明、麻利子さん。記録保持者は奥様です。

 それで上げてみると1尾しかついていなかったことも多かったです。待っている間にかかった魚が外れてしまったのでしょうか?

 しかし群れが回ってきた時には、待たなくても5尾掛かりするという嬉しい時間もありました。群れが回らず中だるみの時は、みなさんの会話も弾み、連帯感が生まれる時でもありました。

Img_7863

陽気な今関ファミリー

家族で参加の今関英明さんは「みなさんがいい人たちでよかったです。子連れでも気を使わず、助けられて良い休日が過ごせました」笑顔で語ってくれました。

 海村好人さん、嘉子さん夫婦も掛かった、外れた、絡んだと笑い声が絶えず、ラブラブぶりを見せつけてくれました。

Img_7977

ラブラブな海村夫婦。

 下船後は、釣りたてのワカサギを天ぷらにして食べました。みなさんいい思い出になっていることと思います。

Img_7985

15401406_645709722275829_1020537752

Img_7986

来年もよろしくお願いいたします。

イベントや釣りレッスン情報は

メルマガで最初に流してます。

ぜひご登録ください。


ホームページからどうぞ


http://f-okuyama.com

 

 

 

|

奥山塾」カテゴリの記事