本文へジャンプします。




« 山中湖ワカサギ釣りドーム戦 貸切で和気藹々 | トップページ | 山正丸 その1 やっぱり外房は  »

2016年12月29日 (木)

山正丸  その2 釣りは楽しい筋トレ

外房でブリやヒラマサなど青物を狙った大原・山正丸での釣りレポート その2

Img_8432

 

 今回の私の大原釣行は加藤誠司さん率いるジャッカルグループと一緒に取材をするため、1日先乗りで試し釣りに出ていたのでした。

「あの朝晩でナブラを追い続ければ水面でヒットすると思いますよ。」というのが私の下見の結果でした。

釣りは「昨日と明日がよく釣れる。」のそうならないといいのですが。

 翌朝5時半、港につくと、前日の釣果を聞いてか、たくさんのお客さんが来ていました。昨実の午後船に乗っていた人も泊まったそうで、、、、。

 私たちグループは船尾に4人で乗りました。

 午前中は様子見で、昨日ワラサ(小型のブリ)が釣れた深場へ。

 しかしやっぱり「昨日はよく釣れた。」がここでも炸裂、この日もファーストヒットは私にありました。ジグはO2メタル150g。ぶるぶる震えるその引きは昨日のあのメジと同じでした。しかし上げてみるとそれは丸々太ったマサバでした。

 その後船中1尾のワラサヒットがあったのみで、帰港。

釣りのジンクス「昨日はよく釣れる。」にならないといいのですが。

 

午後はジャッカルグループでの仕立て(貸切)でした。取材の内容でジギングはやらずに、キャスティングのみに。


Img_8403


 奥様の智絵さんも同乗。彼女は釣り大好き、酔わない、魚も大好き、しかも美人で船長にベタ惚れ、歳の差12歳。お素敵な女房を釣り上げた船長なのでした。


Img_8405


 出港してすぐ、最初のナブラで、素早く智絵さんと加藤誠司さんがキャスト。そうするといきなりダブルヒット。

 上がって来たのはサワラでした。これは貸切の効果だと思います。少人数で釣れそうなルアーを的確に投げて誘う。そうすれば魚も騙されて食いつきやすいです。

 乗り合い船だと個人が思うままに様々なルアーを一斉に投げますから、ドボンドボントルアーが水面に落下し、それが魚が跳ねてる美味しそうな音ならいいのですが、通常はびっくりして逃げてしまいます。

 取材なので、釣りあがったサワラの撮影をしているうちに、ナブラは収まってしまいました。イワシはたくさんいるのですが、それを追うプレデター(捕食魚)がいないのです。どこかへ行ってしまいましたね。

Img_8410


 イワシの群の周辺を30分以上投げ続けましたがヒットはありませんでしたから。

 その後、とっておきの場所へ移動。

 ジャッカルチームが用意した素晴らしいルアーの泳ぎをチェックしながら取材を続けました。

 ただ引いているだけで魚が食いついて来る、誰にでも簡単に操作できるそういう理想的なルアー作りが加藤さんのコンセプトです。

 ところで加藤さんは元ダイワの社員で、チームダイワシリーズを作り、その名誉を残して退職、独立した人です。成功者の一人です。

 今もダイワを使い続けているのかと思いきや、ジャッカルはシマノと技術提携しています。したがって彼らのリールはシマノ。ステラです。使わせていただきましたが、それはそれはスムーズなリールでした。大型であるにもかかわらず、ストレスがほとんどありません。

 私は依然ダイワを使っています。しかも15年前のものを。フィールドテスターをしていた頃のフラッグシップモデルがたくさんあり、壊れないから買い換えられないのです。初代ソルティガ、クロマグロをはじめ数多くの大物を釣ってますがメンテナンスフリーです。トーナメントZ、エアリティー、元祖ルビアス、もっと古いのだとTDXも元気です。

 最新型が欲しいわけでもなく、必要でもないので、購買意欲が沸かないんです。息子2人はシマノを使ってますけどね。ナスキーとバイオマスターを。

 ロッドは寄付したので、その後がまかつロッドを使っています。がまかつのいいところは、磯竿やアユ竿と同じく、グラスロッドのように粘りがあって、しかも復元力が強く、折れないのが特徴です。しかもメイドインジャパンです。

デザインがいまいち垢抜けていないところも素敵です。

Img_8432


 船長の話では私がテスターをしていた頃は圧倒的にダイワに人気があったそうですが、今はシマノが伸びてきて、船長の知る限りではシマノユーザーの大物釣り人が多いそうです。

加藤さんは「奥山さんもそろそろ技術革新の入った最新型を使って楽に釣りをしなよ。」と言います。考える時なのですね。

 さて、その後ヒットは全くなく、この辺りにいるだろうという魚を誘い出すために投げまくります。水面は穏やかで、ヤル気のある魚がいれば、ルアーに気づいて飛び出してくれる、、、、はず。

 これが結構体にきます。筋トレになります。マシーンを使ってするそれと違うのは、こちらは「いつ来るか?」という期待が、緊張が継続するために、もうやめたいと思わないことです。

 これで体力作りができるんですから、釣りは素晴らしい。

加藤さんが船長にロッドを渡し「ちょっとこのルアー引いてみてよ。」と促すと、右利きの船長は見事な左手投げでロングキャスト。

「いい動きですね。」なんて言っていた矢先に水面が割れ、水しぶきが上がりガバッ。ヒットです。

「やった!」という歓喜と、「嘘だろ〜!」という自分たちには筋トレキャストしてまでヒットしなかったのに〜という嫉妬も少しあって複雑な気持ちでしたが、、、、。

 智絵さんが差し出したネットに収まったのはヒラマサ。これを記念撮影して、リリースするところがすごい。

美味しそうに見えましたが、、、。

これも資源への思いやりですね。

Img_8430


 これで一気に拍車がかかりました。チームスタッフ一同、投げる投げる。私も歳を考えずに投げる。

「さあ来い!」とばかりに。

 しかしヒットはありません。

その後も、十分な筋トレを行なった後、爽やかな疲労感を全身に受け、終了したのでした。


翌日は次男に肩もみをしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

ソルトウォーター(海釣り)」カテゴリの記事