本文へジャンプします。




« 多摩川支流でコイ釣り。 | トップページ | 小菅川でフライフィッシング »

2017年1月16日 (月)

寒波が来た。そんな状況でフライキャスティングレッスンを行いました。

寒かった週末多摩川に集合したのは?

Img_8762

1月14日(土)は今年初のイベントでフライキャスティングを行いました。

週末は大寒気が関東地方南部まで降りて来て、
一部では雪が降るという予報でした。
さらに
インフルエンザも猛威を振るっているみたいで、
2組3人がドタキャン。
参加者3名で元気に行いました。
紅一点のミカちゃんも、「寒いデスゥ〜。」を連発しながら、一生懸命練習していました。
感心ですね。

Img_8754

多摩川はヒーター付きのサイボーグリバーですから、
水温は高く、朝の最適温がマイナス2℃の時に17℃あリまして、川の中に入っていた方が暖かいという状況です。
休憩中よりもフライロッドを振っている時の方が暖かいという環境でした。
ただし時折さす太陽の光は暖かったです。
5〜6番のロッドを使って、それぞれの目標をクリアすべくレッスンしました。
自分のロッドで一体どれぐらい飛ぶのだろうかという、限界にチャレンジする方、
なぜフライが飛ぶのかという理論を理解したかった方、
多摩川のコイが釣りたいから釣れるようなキャストができるようになりたい方、
それぞれ満足度が高かったです。

Img_8767

今日来てくださった方々は必ず上達します。
なぜなら、最も過酷な環境でキャスティング練習を克服したからです。
私がフライのレッスンを開始してから、最も気温が低い日を、最も寒かった日の状況を共有したということで、参加者同士の絆も強くなったことと思います。
終了後のコイ釣りは、撒いたパンを食べてしまうカモメの襲撃に遭いまして、
あえなく撃沈。次回に期待しましょう。
来月は2月11日(土)です。 
その前に月末1月28日(土)に奥多摩湖上流の小菅川でもイベントを行います。
温泉も入ります。ぜひどうぞ。
こういう釣りイベント情報は、メルマガでも配信しています。
ホームページからぜひ登録してください。

Img_8766

|

フライフィッシング」カテゴリの記事