本文へジャンプします。




« 釣りガールとのイワナ探索は楽しい。 | トップページ | 釣りガール中禅寺湖のレイクトラウトを釣りたい。 »

2017年5月15日 (月)

琵琶湖のブラックバスを釣った。ジャッカル加藤誠司さんの案内で。

ジャッカルの加藤誠司会長と、

高鷲フィッシングパークを統括するマックアースの取締役、堀之内俊仁さんと一緒に

夢のある新規フィッシング事業の打ち合わせを行いました。

Img_3117

真ん中が堀之内さん。右はおなじみルアーの神、加藤誠司さん。

堀内さんと琵琶湖湖畔にあるジャッカルロッジへ出かけました。
加藤さんとビジネスマッチングし、候補地を下見に行くためです。

Img_3245

ロッジに入ると巨大なブラックバスが出迎えてくれます。
雨の中、現場へも行きましたが素敵な水域でした。

こんな場所で釣りができたら最高ですね。

Img_3144

フムフム、敷地はこんな感じなんですね、と打ち合わせ。
マックアースは、リゾート産業の会社です。
特にスキー場経営。全国に34ヶ所もスキー場を持っているのです。
私がディレクターをしている高鷲フィッシングパークは、スキー場としては中京で最も名高い高鷲スノーパークにあります。隣のダイナランド、ひるがの高原スキー場、鷲ヶ岳スキー場もマックアースの経営です。
スキー場が「夏は釣り」で事業をするのですから素晴らしいと思いませんか?
これまで何万人もの新規参入者を生み出していますからね。
女子も多いですよ。
つまり独身男性諸君にとってはいいことなのです。
彼女らはすでに「釣りは面白い!」とすでに思っているわけで、
あとはあなたがフォローするだけなのですから、、、、。
あとは人格修行しましょうね。
奥山塾はお手伝いしますよ。
場所は色々ですから、お楽しみに。
さて本題です。
打ち合わせの翌日は前回に引き続き加藤さんの案内で琵琶湖へ、、、。
ブラックバス釣りをしている人は百も承知でしょうけれど、
加藤さんとバス釣りをするということは神様と釣りをするということです。
仏教の方なら菩薩様か、観音様と釣りをする感じでしょうか?

20170514_193750

ボートは加藤さんのジャッカル号

20170514_193815_2

琵琶湖大橋を潜ります。

Img_3153

昔、オカッパリをやった記憶のある場所が、、、、。

今回の目的は、フライフィッシングでランカーと呼ばれるビッグなバスを釣ることです。
琵琶湖には50cmは当たり前、ロクマルと呼ばれる60cm級、ナナマルと呼ばれるスーパーな70cmサイズまでいるのです。
7年前ぐらいだったか、加藤さんに「いつかフライで釣らせてくださいよ。」と頼んでおいたことが、今日実現するのでしょうか?

Img_3155

今の時期は水温が上がり、深い場所から浅い場所でバスが移動してきますので、それを見つけて釣るのです。
ですからまずは魚を探すことから始めます。
しかし今日は風が強く水面が波立っています。
昨日は雨で濁り水も入っています。
適当にいそうな場所に投げ続ければ、50cm以下のサイズは簡単に釣れそうな状態でしたが、
私たちの狙いはロクマルです。
私には見えない魚も加藤さんには見えるそうで、
「あ、いた。」
「え、どこどこ?」なんて会話が何回もありました。
釣れそうな魚を見つけると、ボートを固定します。
ロープについたアンカー(オモリ、またはイカリ)を降ろすのが普通ですが、
浅場用にパワーポールという自動で棒が固定に刺さる装置を使います。
それがこれです。

20170514_192200

使わないときはこの状態。

20170514_192206

バウデッキ(船の前方)にあるスイッチを押すと、

ウィーンって足が伸びていきます。カニの脚みたいに。

20170514_192212

湖底に刺さって、固定するとこんな感じ。
はいそうですね。
これを降ろすと、ボートが揺れず、移動せず、桟橋のような感じになって
非常に釣りやすいのです。
それでなくてもバスボートは安定がよく、「動く桟橋」と言っていたのに
それ以上の働きをしてくれます。

Img_3157

私が用意したフライタックル2セットがこちら。上はオービスのヘリオス9フィート8番。下はダイワのアルトモア9フィート9番。
そして大物が見つからなくてもととりあえず、ウォーミングアップで、、、、。

20170514_192352

Img_3161

45cmの太った魚です。
そして、、、、。

Img_3208

フライロッドでの自己最高記録です。
52cm、2、2kgありました。

20170514_193150

安定したバスボートからの釣りは、非常に快適でした。
ここで問題発生!
昼食用に買った食料を、加藤さんの車の中に忘れていました。
加藤さんに告げると
「あ、俺も。」
どうしよう?朝食も食べてません。コーヒー一杯だけです。
ボートに積んであったビーフジャーキーと1本のトニックウォーターを
二人で分け、「ダイエットフィッシングだな。」と苦笑い。
昼過ぎごろ、加藤さんの友人のO氏が来て美味しそうにパンを食べ始めました。
たまらず加藤さんが
「Oさん、食料余分にないですか?」
って聞いたら
「カロリーメイトならあるよ。」といただきました。
小パックでしたから一人1本ずつ。
この時ほど感謝の気持ちでいっぱいになることはありませんでした。
Oさんとは初めてお会いしましたが、大好きになりました。
そのあと、見事なロクマルを見つけて
アレヤコレヤのフライチェンジや、ルアーで誘って、などやってみましたが、
その魚は
食いついてくれませんでした。

20170514_193202

最後に釣ったのは47cm。
「そのフライ釣れるね。私の分も巻いといて。」と加藤さんに頼まれるほどでした。
みんながルアーでいじめるからスレているのでしょうかね。
今回は夢のナナマルも見ることができました。
その魚は加藤さんでさえ興奮するほどの立派な魚でした。
午後3時には釣りをストップし、ロッジへ戻って遅い朝・昼食をいただきました。

Img_3244

こんなロッジが会社の事務所。素敵ですね。




今回はロクマルは釣れませんでしたが、
こんな感じでやれば釣れそうという感触は掴めました。
そしてフライロッドでの自己記録52cmは
まさに神の恵みです。
加藤さん、ありがとうございました。
新しいビジネスも成功させましょう。
もっとコアな話はメルマガで。
釣り哲学満載の情報メルマガ配信中。ぜひ登録ください。
 
YUTUBEも釣り動画配信しています。ユーチューバーじゃないので、記録や、参考程度ですが、、、

|

フライフィッシング」カテゴリの記事