本文へジャンプします。




« 釣りガール中禅寺湖のレイクトラウトを釣りたい。 | トップページ

2017年6月 3日 (土)

釣りガールなぎさ 中禅寺湖レイクトラウトの次は

中禅寺湖のレイクトラウトを釣りたいと頑張ったなぎささん。

今度はぜひとも魚を釣りたいということで、

Img_4080

前回、中禅寺湖で修行をしたなぎささんが

今度はパーソナルガイドでフライフィッシングにチャレンジしました。

場所は山梨県の小菅川の畔りにある小菅トラウトガーデン。
前日は夜が遅い仕事でしたので、ゆっくり目のスタート。
JR小作駅を出発したのは正午でした。
ここから約1時間のドライブです。

Img_3947

まずは東京都民の水瓶、奥多摩湖で記念写真を。
Img_3949
現地に到着するとまずは腹ごしらえ、ちょっと遅めのランチは、
小菅食堂「鱒の庭」でヤマメイワナ唐揚げ定食を。
食堂に置いてある拙著もお褒めいただきました。

Img_3952_2

「この本を買って勉強します。」って。

さて釣りの方は、前回せっかく
ルアーの修行をしたので、まずはスピニングから。
人生の初ヒットは、ミッツドライというジャッカルのルアーでした。

Img_3962_2

このルアーは水面をもがくように泳ぎ、食い付く瞬間が見えるので非常に興奮します。
「魚の引きって、こんなにブルブルして楽しいですね。」って。

Img_3955_2

足元をでっかい魚が泳いでいきます。こいつは掛かってもイトを
切られてしまうでしょうね。

Img_4025_2

その後フライフィッシングを体験しました。

投げるのにコツが要りますが、それに慣れてくると、

投げることが楽しくなります。

毎月1回フライキャスティングレッスンをしていますから、ぜひ来てくださいね。とお誘いしました。

Img_40092_2

フライにはすぐにヒットがありました。

Img_4032_2

バンバンヒットします。

Img_4069

慣れてくると、自分ですくえるようにもなります。

Img_4033

そうすると自分で釣った感動があります。

Img_3997_2

これは小菅養魚場のオリジナル、「甲斐サーモン」です。

ニジマスの改良版ですね。真っ赤な身で美味しいですよ。

Img_4095_2

たくさん釣って魚に慣れることも大切ですね。

Img_4079_2

なぜ、フライフィッシングをするのか?ですって。

それは今回お分かりいただけたかも。

「楽しいからです。」

「面白いからです。」

面倒だという方にはオススメできませんが、

エネルギッシュななぎささんは、非常に前向き。

飲み込みもよく、コツもすぐに掴んで

アレヨアレヨという間に上達していきました。

中禅寺湖は将来フライフィッシングでチャレンジしますか?

Img_4109_2

最初にルアーで釣った魚、そしてフライで釣った魚をさばいて持ち帰ります。

もちろん、食べるためです。

Img_4118

甲斐サーモンはこういう色です。

釣りが終わったあとは、小菅の湯に立ち寄り、今日の疲れを癒しました。

Img_4126

「釣りを始めるにあたって、何から揃えていけばいいでしょうか?」

という質問に

「ウエイダーから。」とお伝えしました。

釣竿などは借りるのが簡単だけど、

ウエイダーは着るものの一つだから、自分に合ったサイズが必要ですから。

ウエイダーがあれば川釣りや、湖の岸釣りが可能です。

笑顔が素敵ななぎささん、次回はどこへ行くのかな?

最短距離で上達できるようにサポートしますよ。

なぎささんとご一緒したい方もいらっしゃいます。

よろしくお願いいたします。

近いうちにYOUTUBEで今回の動画を配信しますね。

興味のある方は早めに登録しておいてください。

https://www.youtube.com/channel/UC85tqf3UFmfNNyCO2jgJ-xw

今後のイベントはメルマガで最新情報を配信しています。

ぜひ登録してください。

http://www.reservestock.jp/subscribe/64722

パーソナルガイドは私の空き時間と相談し、随時受付中です。

ホームページもぜひどうぞ。

http://f-okuyama.com

|