本文へジャンプします。




« 相模湾のカツオがフライで入れ食い。 | トップページ

2017年7月24日 (月)

相模湾シイラカツオマグロ釣り 初心者がグランドスラム

相模湾の沖合で、


シイラカツオマグロの3種を同じ日に釣ることを

「グランドスラム」として讃えています。

今回は前回よりもさらに大きなカツオのナブラにあたりまして、

全員がルアー、フライ、餌、そして一本釣りで連発を楽しみました。

Img_6450

奥山文弥のライフアップメルマガをぜひお読みください。

登録はこちらから。

相模湾出撃第3弾は、7月22日(土)でした。

今回は家族全員と長男の友人も参加です。

 

カツオが相変わらず釣れている中、

マグロは神出鬼没で、出たり出なかったりでした。

 

私たちのグループは、マグロ一筋で行って

玉砕するよりも

 

初心者も多いので、釣れるものはなんでも釣ろうという魂胆です。

 

時に今回、沖合釣りが初めての坂本宗之祐さんもいて、

とりあえず強い引きが味わいたいという希望でしたので、

まずはパヤオから。

 

今回もカツオの群れが出て来たら、

奥山の声が荒ぐかもしれませんが、

決して怒ってわけでなく、釣らせたい一心、

あるいは危険回避のためにそうなるのだということを

念押ししてからの出港でした。

 

メンバーの中にはこの夏参加3回目という方もいます。

福井裕さんは、一度めがレンタル、

2度めからはソルティガを購入してしまったというハマりようでした。


長男勇樹の友人、畑雄二郎くんは、

お父さんとよく釣りに出かけているそうですが、

海はマダイやヒラメなどが主で、沖合に出たことはないそうです。


初参加の諏訪和幸さんは

ビリーペイトターポンという大型海釣り専用のフライリールを掲げての参加です。

未だそのフライリールをうならせたことはないそうです。

 

そして、ベテラン坂本理典さんと、

まだカツオを釣ったことがない中村竜也さんの参加です。

高城誠一郎さんは私の整体の師匠です。

3年前から釣りにはまりました。

 

さてこんなメンバーですが、

現場に着くと今朝も早速カツオもナブラが迎えてくれました。

 

すでに撒水を開始し、入れ食いをしている船もありました。

 

私たちの船も早速撒水開始、早々にカツオが現れました。

 

船長が一本釣りを始めたのでそれを制し、

 

まずは次男がやりました。

Img_6612

いきなり入れ食いで、次々にカツオが釣れます。

 

抜きあげたカツオの針を外すのが上手でないため、

 

時に後ろにいる人の頭上からカツオが降って来ました。

 

妻・幸代の背中にも。

 

今回新調したフォックスファイヤーのシャツが

 

いきなりカツオの血の洗礼を受けました。

 

何匹か釣ったら長男に交代。

20170723_181414

私はGoPROを沈めて水中映像を撮っていました。

 

あとで観たら凄かったです。

 

その頃、フライの諏訪さん、坂本理さんも次々にヒット。

 

出遅れた中村さんもヒットさせましたが、切られてしまいました。

20170723_181204

「すぐに付け直して投げて。」

落ち込み中村さんをなだめ、再挑戦を促し、なんとかゲット。

諏訪さんのビリーペイトは心地よい逆転音をさせていました。

Dsc01326

Img_6624


幸代も今回はと、フライで釣りまくっていました。

Img_6492


雄二郎くんも一本釣りを経験した後、

ルアーでなかなか釣れないので、餌釣りに切り替え、カツオの引きを堪能しました。

餌釣りはルラータックルと全く同じものを使い、

リーダーからルアーを外して

餌釣りのハリ、タマンスペシャルの16〜18号。

管付き伊勢尼の14〜16号ぐらいを結びます。

管付き(アイ付き)の方が結びやすいでしょうね。

これにイワシを鼻がけして海に放り込むのです。

Img_6626

 魚はあたくさん釣れて、まるで漁業実習のようでした。

Img_6471

Img_6530


 坂本宗さんは、餌釣りで釣った後、一本釣りを経験して、満腹すぎるほどの釣果を得ていました。

Img_6625

魚のサイズは前回よりもひと回り小さい気がしました。

 

しかし3回目の流しで私が餌をかけた坂本宗さんのハリにビッグヒットがきました。

ゆっくりファイトして浮いてきた魚は

キメジ(小型のキハダマグロ)でした。

今期初のマグロです。

 

え?誰に?

相模湾初挑戦の坂本宗さんです。

マグロとわかった途端に、次男がネットを差し出しました。

ハリよ外れるなと願いながらのネットインでした。

そのマグロは5kgありました。

Img_6486

Img_6490


当然船は盛り上がります。

 3回目の流しが終わってパヤオに戻る頃

「マグロが跳ねたよ。」船長が叫びます。

「でっかいルアー投げて、早く!」で

即反応したのが高城さんでした。

餌釣りはしなくていい、ルアーで釣りたいと頑固にルアーを投げていた彼が

アキヤ20cmという大型ルアーを投げ込むと、

 

バシャーン!でっかい水しぶきとともにマグロがヒット!

 

ロッドはがまかつのラグゼオーシャントップギア83H

リールはソルティガ5000

間違いないタックルです。

「やった!刺身だ!」と誰もがそう思いました。

しかしラインが切れてしまいました。残念でした。

Dsc01327

高城さんは、

 

「また釣るからいいよ。」とケロっとしていましたが、

 

船長はもったいないを繰り返していました。

 

同時にヒットしていた坂本理さんの魚は大きなシイラでした。

その後仕掛けを変えた高城さんにもシイラがヒットしました。

パヤオ周辺にはどんどん船が集まってきます。

カツオが釣れているのですから仕方ありません。

みんな釣りたいのです。

パヤオからまた流し始めましたが、ここで作戦変更。

 

大量に撒いてバンバン釣るとすぐに撒き餌がなくなってしまうので、

ルアー組は左舷で投げ続けてもらい、餌釣りは右舷で流し、

フライは船首で撒水機の中を泳がせるというやり方です。

好きな方法でできますからね。

Dsc01320

他の海域を走り回っても、無線を聞いている限りでは、

大した釣果は出ていなことから、船長がここで粘ろうと提案してくれたのです。

 

私も釣りを開始しました。

 

約30年前に購入した

スウェーデンのABUというメーカーのスピニングリール、

カーディナル77Xというやや大型のリールを使ってみたくて用意してきました。

今では懐かしい、インスプールのリールです。

 

これに大きな魚がヒットしました。

底へ潜らず、横走りするので、シイラかと思いましたが、

ジャンプもせず、ブルブルというカツオやマグロ独特のバイブレーションが伝わって

きました。

ラインも100m以上出ている感じです。

Img_6619_2


カーディナルのドラグダイアルをMAXまで締めてもゆるい感じでした。

構造上、スプールを抑えて制御さ売るのは難しかったのですが、

上がってきた魚は残念ながら、

キメジではなく、大型カツオでした。3、5kg

キメジを意識していなければ十分に大きいサイズです。

Img_1897

「俺にもやらしてよ。」と長男がカーディナルでやるとヒット後、やはり苦労していました。

Img_6542

パヤオの周りは何度も流していくうちに、

魚がすれてきているような感じでした。

マグロの跳ねもなくなり、

魚探にも大型魚の反応がなくなったというところで、

帰りながら移動。

小さなブイ周りをルアーや餌で攻めてみるとそこでもカツオがヒット。

Dsc01325

そして坂本宗さんにシイラがヒットしました。

シイラは2尾いて、1尾は超大型でしたが、

餌でも掛からず小さい方のヒットでした。

Img_6543

坂本さんはシイラを釣り上げたので、シイラカツオマグロの相模湾沖合いグランドスラムを達成です。

初挑戦で達成するのはなかなかありません。

 

坂本さん、おめでとうございます。

この後さらにあの大型を釣ろうとして最後のイワシをハリに掛け、

投入するととってもすごい引きがきました。

坂本宗さんは頑張りましたが、ついに切られてしまいました。

ラインを切って行った主は何だったのでしょう?

ジャンプしませんでしたからね。

高城さんが掛けたサイズと同じ大型マグロだったのでしょうか?

次回にお楽しみは繰越ですね。



 

終了後、身体中の塩気を落とすために行ったソレイユの丘の「美人の湯」に浸かって長男と雄二郎くんの会話は、

「今日の釣りは凄かったな。感動したよ。」

「我が家は小学生の時からこれやってるから。」

「信じられん、贅沢だお前は。」と言われていました。

 

まあね、雄二郎くん、

私の趣味で幼い息子たちを強引に海へと誘ったわけだから、、、。

その代わりみんなが当たり前にいく、

野球観戦、サッカー観戦、テーマパークはほとんど行ってないから、、、。

 

 

それと今回参加の皆様、

またまた奥山は興奮してしまいました。

カツオに加え、マグロのヒットがあったからです。

決して怒っているわけではありません。

声が大きくなっているだけです。

エンジン音より大きな声で怒鳴るように喋らないと、

急を告げる話も伝わらなくなりますから。

 

いつもこの性格をご理解いただき、ありがとうございます。

Img_6551

今年はこの後、3回出撃します。

満員の際はご容赦ください。

最新情報はまずメルマガで流して、その後一般告知します。

メルマガ登録はこちらから

 

 

|

シイラ・カツオ・マグロ釣り」カテゴリの記事