本文へジャンプします。




« 山中湖ドーム船でワカサギ釣り | トップページ | 2018年初釣り »

2017年12月12日 (火)

ラバーネット

魚類保護を訴える訳ではありません。しかし、、、。


Img_6100

これは19型のラバーネットですくった73cmレイクトラウト。


キャッチ&リリースなら、なるべく魚にダメージインパクトを与えない方がいいと思うのは私だけでないはずです。

でもかっこよく写真撮りたい、大きさ測りたい、ウロコ取りたい(笑)、しばらく眺めていたい。

生け簀に入れて桟橋まで戻って釣れた自慢と釣果の証明をしたい。

なるべく早くリリースした方がいいに越した事はないのに、

矛盾と無知と経験不足も魚をどんどん傷つけます。

時には逃したつもりの魚が死んでいます。

そこで最低のダメージにするためにラバーネットを使いたい訳です。

すでに導入している人は、お分りだと思います。

これの効果は管釣りですでに証明されています。

しかし、重い、かっこ悪い、商売にならない、

その他の理由で嫌われる傾向にあります。

マス釣りの名人や雑誌にでている有名人からもそう言われました。

手編みネットを高額で販売する人達にとっては、

このラバーネットの有効性は「不都合な真実」なのかもしれません。

湖の岸釣り、渓流釣りの人に多かったです。

未来のために、カッコいい木枠のラバーネットがあればなあと思います。

24294412_1610413712372200_114267888

写真は我が家のネット

右から

黒)多摩川その他コイ。レイクトラウトボート用。これはカハラですがアキスコのXXLも。

緑)一番活躍しているネット。19型。多摩川フライ、ナマズ用のショートハンドル。上州屋のラバーコーティングネットをシリコンラバーに交換しました。これがウッドフレームになればなあ〜。

ウッド大)友人に作ってもらったコイ用メッシュネットをシリコンラバー15型に交換。メッシュネットは深さがあったので、大物も入りましたがこのラバーは浅く、60cmまで。

ウッド小)川の管釣り、本流、キャッチ&リリース区間で使用。プロックス製。

ウッド緑)C&Fのリリースネット。当時米ノ井さんから「こんなの作ったよ」と自慢されて購入しました。その後ネットは友人に頼んでグリーンに変更。源流で使ってます。

ベルトやバッグに装着するためには、ティムコのクリップを使ってます。

Dsc09357

多摩川コイ82cm。これはアキスコのXXL。92cmまですくったことがあります。

Img_4533

15型ネットだと60cmが限界かも。(中禅寺湖)

17861485_1275226619258968_447128497

中禅寺湖名人の巨大ネットに比べると私の15型は小さいです。

Img_1262

多摩川ナマズ70cmと19型

20160224_122408

東京湾シーバスチャーターボートにはラバーネットが積んであります。

コレはたぶん19型と64cmシーバス。

Img_4861

宮城アングラーズビレッジ社長の井上荘志郎さんも中禅寺湖でラバーネットを使っています。

Img_2165

多摩川での釣りにはなんの違和感も無い、アルミ枠のラバーネットですが、

Img_4599

中禅寺湖、というよりマスには木枠がかっこいいと思うのは

私だけではありません。

これはラバーコーティングネットと、63cmのブラウン。

Img_1545

多摩川の遡上巨大ウグイ。

繰り返しますが、大型のウッドフレームラバーネットが欲しいです。

かっこいい奴ね。値段もそこそこで。(笑)

釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。

登録はホームページからどうぞ。http://f-okuyama.com

|