本文へジャンプします。




« 多摩川でフライキャスティングレッスン | トップページ | ラバーネット »

2017年12月 8日 (金)

山中湖ドーム船でワカサギ釣り

温かいドーム船の釣りは一度やったらやめられません。

Img_2460

釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。
登録はこちらかホームページからどうぞ。http://f-okuyama.com
動画はこちら





12月2日(土)山中湖へワカサギ釣りに行ってきました。


旭ヶ丘観光のドーム船1号を貸切です。

特別に貸し切りにしていただいてもう10年経ちます。


船に乗れるマックスは最初の頃は22人、


つまり片舷11人でしたが、


いまは2号船も就航し、

多くの人お客さんがとれるからか、

ゆったりと18人です。片舷9人です。



例年ですと直ぐに満席になるのですが、今年は土曜日に行う事になったので、

「子供連れて行きます。」と言っていた方々が

「すみません、土曜日は休みじゃないんです。」と言う返事でした。

正直あせりましたね。


ゆとり教育が無くなったんですね。

で、集客方法をちょっと変えたら

満席になりました。


人気のワカサギ釣り、

一般ですと貸し切りは無く、乗合になるので他の人にも気を遣いますね。

でも私達のイベントは違います。


船の中はいつも笑顔で会話もはずみ和気あいあいです。

それで今年も満席になったと思いきや、

ドタキャンが、、、、、。


原因はインフルエンザでした。


前日に4名がキャンセル。過去にもありましたが仕方ないですね。




参加者は14名でした。


その中で7名がレンタルでワカサギ釣りが初めてという方でしたが


隣合った経験者が教えて、


かつ船長たちも指導協力をしてくれたのでなごやかに過ごす事が出来ました。


 釣りをしたことがない方々にワカサギ釣りのお誘いをすると

「氷に穴を開けてやる釣りでしょ?」

「寒いんでしょ?


と言う返事が返ってくるのですが、


私達はずっとこの温かいドーム船でワカサギ釣りをしています。


諏訪湖が発祥と言われているドーム船は、


浮き桟橋の上にビニールハウスの様な


温室を乗せたものからはじまりました。



山中湖では、

船そのものがワカサギ釣り用にデザインされていて、

床が開いて釣りをするため、

家の中で釣りをしているような感覚です。

Img_2346


寒く感じるのは車を降りて

船に乗るまで桟橋を歩いているときだけです。

Img_2377



釣り道具も進化し、

いまでは電動モーターを内蔵したリール付きの専用ロッドが主流です。

マウス型のクリスティアは有名ですが、

更に進化したデジタルカウンター付きも発売されています。


Img_2439


ボタン一つで仕掛けをおろし、そして掛かったときの巻き上げが可能です。


今回使用した仕掛けは、

がまかつの「山中湖ワカサギ」と言う

5〜7本仕掛けのナノコートをしたハリが付いたものです。

エサの刺さりと、魚の刺さりもバツグンです。

エサはベニサシを半分に切ったものと、

アカムシを使いました。

Img_2380


湖底までは13m2号(約7g)のオモリを底に着けて、

マウスをタップする様にトントントンと叩き、

待っているとワカサギが掛かります。

繊細なサオ先がプルンプルンと動きますからすぐ分かります。

つまりアタリが見えるわけです。


Img_2445


 竿先が結構強烈に動き、

これは何匹もかかっているだろうなと期待しながら上げると、

1尾しか付いていないということも多々あります。

Img_2370


全長7cmぐらいのワカサギにはそれ程のパワーがあるのです。

 ワカサギにはサケマスと同じく脂ビレがあるので、」

20年ほど前まではアユと一緒にサケの仲間だと言われていました。

ワカサギはサケの仲間だから小さくても良く引くのだ、

と言う言葉も聞かれた程でした。

Img_2496


 その後認識が変わり、サケとは関係無い

キュウリウオの仲間だと分類が変わりました。

 ところでワカサギ釣りは内水面漁業と密接な関係にあります。

関東周辺では天然魚を釣る場所はほとんどありません。

すべて卵の放流によって、釣る魚が確保されています。

漁業というのは通常、食用にする魚を捕獲して売る

という事で成り立ちますが、

ワカサギ釣りは漁協が捕獲して売るのではなく、

釣り用として観光事業として成り立っています。

遊魚料やボート代などによって、

地元や漁協が収入を得るのです。


Img_2433


ですから釣りに対してもっとも受け入れ態勢が整っている釣りであると言えます。

山中湖のドーム船のように、観光客が釣りに来ても、

レンタル道具で簡単に釣りが出来るのは良いですね。

マニアな方はその目的なりに、

初心者でも充分楽しめるのが、

このドーム船ワカサギ釣りだと思います。

個人で行かれるかたは休日は混み合うのでおすすめです。


Img_2382

ブラックバスも釣れました。掛かったワカサギに食い付いたのか、

または最初から紅サシに食いついたのか?

ニゴイが掛かると「なんだかニゴイか」っていわれますが、

ブラックバスなら歓迎ですね。

Img_2482

皆さん楽しかったですね。

来年から12月の第1か第2の日曜日にしましょう。

小学生の頃お子さまがいらっしゃる方もお楽しみに。


釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。イベント情報もいち早く流れますので

ぜひ読んでください。

登録はこちらか、ホームページからどうぞ。http://f-okuyama.com

 

 

 

 

 

 

|

その他の釣り、グルメ、ドライブなど」カテゴリの記事