本文へジャンプします。




« フライキャスティングレッスン 多摩川の釣り | トップページ | 多摩川の釣り ゴールデンウィーク  フライフィッシングとスピニング »

2018年4月25日 (水)

中禅寺湖の釣り レイクトラウト・ボートフィッシング

2018年4月20日、中禅寺湖の船釣りの解禁日です。

Img_5820

レークオカジンで5時の出港合図を待つ人達。
奥山文弥のメルマガはこちら

Img_5840

この日を待ちに待った人達は燃えていましたが、私たちはみなさんがダッシュした後、ゆっくり出港しました。

ヒメマスも釣りたいのですが、たくさん釣らなくてもいいので後からゆっくり行こうという計画でした。
昨年から私達の仲間になったなっちゃんこと中村なぎささんと一緒にまずは沖合のポイントへ直行。
魚探を見るとでっかい魚が映りました。

Img_5828

早速スプーンを投げて探りますが、アタリ無し。
めぼしいポイントを何箇所かやってダメだったので、
松ケ崎〜大日崎あたりへヒメトロにいくことに、、、、、。
そこには「船団」というべき、ヒメトロのボートがたくさん集まっていました。
気をつけていないとぶつかるんじゃないかと思うほど以上に、
「どけどけ」と言わんばかりに進路を変更せず突っ込んでくるボートもありました。
30分ほどやって・アタリもない上に、その混雑の中では私たちは無理!
そう判断し、岸へ船をあげてキャストするも、
そこへも船が来て絡みそうでした。

Img_5826

そこでそのエリアを脱出し、別の場所でスプーンのキャスティングをしましたが、
1時間半やってそこでもアタリなし、、、。
どうなっちゃってるの?
狙って釣れない、それは今までの結果がやはりまぐれだったかも、、、。
桟橋へ戻ると小林名人はしっかりとヒメマスを釣ってました。

Img_5833

諦めて昼食はコタンへ。
その間にマスターから色々話を聞かせていただきました。
食事が終わってコーヒーを飲んでいると、、、、。
「今ね、湖畔を見ていたら、オカッパリの人がレイク釣ったよ。」というのでそれがヒントになりました。
こう、「コタンの桟橋」の隣はやっぱり釣れるのでした。
そして午後は、フライタックルに道具を入れ替え、なっちゃんは中禅寺湖初体験のフライフィッシングへ。
コタンの桟橋沖で、シンキングラインをキャストし、風に流されながら
ラインを沈めて、40mぐらいでたらストリップ開始、、、、。
すると、、、、、。
「来ました!」となっちゃん、
なんと流し始めて2回目です。

Img_5838

ティムコのツーハンドで、
ナノカーボンを使ったJTHというロッドがしっかり曲がって、、、、。
動画やランドの写真を撮ることも出来ず、、、、
ジャーン、これです。
初体験はいきなり63cmでした。

Img_5846

Img_5852

Img_5879

素早く測定して、ウロコを取らせてもらって、しっかりとリリースしました。
カッコいいです。
「とっても気持ちいいです。」とニコニコのなっちゃんでした。
そしてすぐに2尾目が、、、。
これはかわいいサイズ。

Img_5889

1尾目は神の恵み、またはみ仏のご慈悲、
2尾目はまぐれ
そして
「実力の3尾目が来ればいいね。」と言っていたら、、、。
来ちゃいましたよ、、、、。
快進撃は止まりません!
根掛かりみたいなアタリが来て(根掛かりだったかも)
あれ?ってロッドが曲がりっぱなしになって
「魚?湖底?」って感じで、本人もわかってなくて
それが外れたっぽい瞬間に、、、、。
「あ、引いてます!」だって。
掛かったままラインが根掛かりしたか、外れた瞬間に食いついたか???
おいおい、わたしはまだノーヒット!

Img_5895_2

実力の3尾目は60cm弱。それでも立派立派。
結局私は坊主でしたが、

Img_5901

美しい中禅寺湖の夕陽に感動しました。
なっちゃんの釣果もとっても嬉しかったです。
「キャスティングが上手になれば、もっと釣れるかも。」
釣りを始めてちょうど一年、
なっちゃんの快進撃は続くのでしょうね。
今後もよろしくお願いしますよ。
奥山の釣りイベント情報はこちら
釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。登録はこちら
#中禅寺湖の釣り
#レイクトラウト
#ヒメマス
#フライフィッシング
#コタンの桟橋
#ドテラ流し
#JTH

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事