本文へジャンプします。




« 中禅寺湖の釣り レイクトラウト・ボートフィッシング | トップページ | 日本ではここだけ!ストライパーの引きを楽しもう »

2018年5月 5日 (土)

多摩川の釣り ゴールデンウィーク  フライフィッシングとスピニング

ゴールデンウィークにはタマゾン川で釣りをしました。

Img_6235

どこへ行っても混むと思ったので、ゴールデンウィークはいつもの多摩川へ出かけました。

同行者は、海洋大の高橋恵里香さんと、総行政の三上隼平さん。
三上さんは昨年度、フライフィッシングデビューして着実に腕をあげてきています。
朝6時、ちょっとそい様な気がしましたが、多摩川は混んでいても一声かければ入れていただけるので、焦りはありませんでした。
現場に着くとそこには誰もいませんでした。
「貸切だ!」と思ったのもつかの間、そこに無数にあった足跡から、
おそらく未明から釣りをしていた人たちが上がった後であろうとわかりました。
つまり朝から散々叩かれた後だったのです。
天気は最高でした。
ナマズ日和ではありませんでした。
鯰はどんより曇った日のほうが活性が良いですからね。
ゆっくり準備をして、
まずは恵里香さんがワームを投げて見ると
なんと1投目でヒット!

Img_6230

今日は動画を回そうと思っていたのですが、その前に掛かっちゃいました。
ちなみにリールはシマノの激安アビリオです。

Img_6237

62cmのナマズ。まぐれなのか、運がいいのか?朝からやっていた人たちはもっと連れたのか?って悩むところです。
或いは朝から混んでいて、静かになったところをやったからか、、、、、。
多摩川って不思議な川です。
そう言えば、玉川のナマズ釣りを教えてくれた平林利之さんが言ってました。
「多摩川はスーパープレッシャーがかかっているから、釣り人が何人入ろうと関係ないです。ちょっとしたきっかけでスイッチが入れば釣れるから。」と
この魚を検量しているときに、
三上さんがフライでヒット!

Img_6269

一気にフライラインが引き出されます。

Img_6274

ナマズか?でっかいコイか?と思っていたら
なんとニゴイでした。

Img_6282

Img_6289

いいサイズです。これも60cmを超えていました。
タマゾン川の怪魚ですね。

Img_6298

別名、網タイツとも呼ばれています。(笑)
ボーンフィッシュ(ソトイワシ)に姿が似ていますね。いろは全然ちがうけど。
この口で小魚を捕食するんですよ。結構悪食な魚です。
じつは三上さんはこの魚とファイトする前に、
ナマズをヒットさせたそうで、
バシャって水面に躍り上がったときに
尻尾が見えたそうです。

Img_6302

その後、恵里香さんにまたヒットがあったので、

Img_6261

それをリリースして
わたしも釣りを開始しました。
小魚をイメージしたフライを流すと、
「ブルルン!」という感触のヒットがあった後、
「バシャッ!」と水面に出たので
ブラックバスかと思いましたが、
手前に寄せて見ると
いいサイズのナマズでした。

Img_6304

これは65cm。美女といっしょに記念撮影です。
それにはしても今年のナマズフライフィッシングは絶好調です。
もうちょっと寒い頃には初の70cmオーバーも釣れたし。
そして後から来たルアーのお兄さんがビッグヒット、
なかなか寄ってこないので見ていいると、
それはいい70cmを優に超えるビッグナマズだったのです。

Img_6352

今日は本当にいい日でした。
恵里香さんはワームで爆超!
ブラックバスも何匹か釣れて、
そして遂に、、、、。

Img_6356

来ました!65cmオーバー。

Img_6369_2

66cm、1、79kgの美しい?ナマズです。
これをJGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)の日本記録に申請しました。
6月の審査委員会で承認されればいいですね。

Img_6374

これも素早く検量してリリースしました。
多摩川はタマゾン川とも呼ばれています。
年間平均水温が高く、飼えなくなった熱帯魚をヤミ放流しても生き延びる魚もいます。
しかしタマゾン川の由来は「アマゾン側にも負けないほどナマズの魚影が濃い。」と言ったのが最初でした。
釣ってもみんなが放流して持ち帰らないので、よく釣れるわけです。
増えて欲しくない魚も増えていますが、それは良い餌が豊富である事も意味しています。
時には混み合う川ですが、一声かけていっしょに釣れば、みんなが笑顔になれます。
ただし監視員がきたら遊漁券を購入しましょう。
お金を払うのが嫌だからと言って、こそこそ逃げていくのはかっこ悪いし、多摩川で釣りをする人のマナーを問われます。
日釣りは1000円
年券だってたったの5000円。
遊漁券かって気兼ねなく、いや堂々と釣りをしましょう。
奥山主宰の釣りイベント情報はこちらから
みなさん、多摩川でお会いしましょう。
奥山のメルマガも是非お読み下さい。
#多摩川
#フライフィッシング
#ナマズ釣り
#タマゾン川
#ニゴイ
#ナマズ
#Flyfishing in Japan
#東京の釣り

|

タマゾン川(多摩川)のマルタ(マルタウグイ)・コイ・ナマズ」カテゴリの記事