本文へジャンプします。




« 中禅寺湖のレイクトラウト アンビリーバボーな釣果 | トップページ | 国内ではここだけ!ストライパーゲーム »

2018年6月 7日 (木)

中禅寺湖レイクトラウト 家内と一緒にのんびりと

朝4時から午後7時まで釣りが可能な中禅寺湖ですが、

Img_7267

ライセンス(2160円)の発売が平日は午前3時から、休日は2時からと早いので、我が家からその時間に出かけるとなると前夜の睡眠時間が取れません。

まして4時から7時まで15時間耐久フィッシングは体力的にもキツイです。(笑)
早朝釣りして昼寝して、午後からまた少し釣りしてという方も多いようですが、
家内と一緒に釣りを楽しむためにあえて我が家を朝9時に出発しました。
息子たちを送り出した後です。
いつもは真っ暗で通過するいろは坂や明智平も新鮮でした。

Img_7156

流石にロープウエイには乗りませんでしたが、昼ごろ湖畔に到着。
大島商店でライセンスを購入し、その隣の湖畔にせり出したレストラン「スプーン」で昼食。

Img_7159

Img_7161

とても天候が良く、朝と違って「さあ、行くぞ行くぞ」という焦り感は全くなしでした。

Img_7163

こんな写真も余裕で撮れます。
立木観音の参道にある白樺物産というおみやげ屋に
33年前にこの湖の釣りを教えてもらった私の師匠でもと組合長の岩崎一志さんを訪ね、ご挨拶。
家内は結婚した当時に一度会っただけでしたから25年ぶりです。
午後1時過ぎ、民宿おかじんでボートを借りて出港。
釣りかたはフライでのディープボトムトレースです。
いわゆるドテラ流し。
そうです。
ゴッド岩澤から教えてもらったあの釣りかたです。
詳しくはこちら
風の中でロングキャストできない人でもこれなら大丈夫。
まずはおかじんの沖で1流し目でヒットしました。
フライはマラブーです。

Img_7173

50cmぐらいのはたくさんいるみたいです。
そして、家内にもヒット?
「え?これ、魚?重いだけ。」

Img_7197

家内はブツブツ言いながらラインを手繰ってきます。
「レイクはそういう魚だよ。」と私。
フライラインがロッドに入ったあたりから暴れるからね、とアドバイスをしたものの
暴れた時にばらしてしまって、
3つ目のヒットでやっとネットインしました。

Img_7179_2

Img_7185

ま、中禅寺湖フライ初挑戦で、しかも午後からの釣りでこのサイズなら文句ないでしょう。
57cmでした。
この間私も3尾目をヒットしていたので、
このまま続けるよりも、
山側へブラウンを狙いに行こうと、松ヶ崎を目指しました。
しかし風が強く、波をバシャバシャかぶるので断念。
上野島の裏に避難しました。
モンカゲロウがたくさんハッチしていましたが、
ライズはなし。
午後4時過ぎ、
上野と岸の間に立ち込んでいた人がヒットしていたので見に行くと
レイクトラウト でした。
「ブラウンかと思いましたよ。」と話をしてみると
「朝4時からやっていて今のが最初にヒットでした。」とこの日の苦戦状態を話してくれました。
そこで私たちも釣りをしてみると、、、。

Img_7220_2

ここでもレイクでした。
63cmありました。
家内もフライをキャストしていましたが、ウエイダーなしでの上陸でしたから
「わたしのキャストでは釣れる気がしない。」
というので、
おかじん沖に戻ることに。
また風の中をゆっくり時間かけて戻りました。
夕刻、 家内は1バラシ、私は2尾ゲットでルンルン。

Img_7255

午後7時には桟橋へ戻り、帰路につきました。

Img_7272_2

夕食は佐野SAで佐野ラーメン。
中禅寺湖は、
岸釣りからだと場所の選択や、確保、技術的なことも含め、初心者に釣らせてあげる事は難しいのですが、
ボートからのボトムトレースなら、道具さえあれば釣りが成り立ちます。
ゴッド岩澤は全くの初心者の女の子に1日20尾釣らせたことがあるそうです。レイクトラウト ですよ。
さらに、このおかじん前で釣りをしていれば、
すぐにトイレに戻れるし、レストランにも行けるし、ほんとうに気軽です。
ボート免許持っていない人は手漕ぎでもできます。
いや、手漕ぎの方が楽しいと、それでやっている方もいるそうです。
わが国ではここにしかいないレイクトラウト 。
是非楽しんでください。
奥山文弥のメルマガも是非登録してください。
こちらです。

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事