本文へジャンプします。




« 「俺達。」のルアーにカジキがヒットした! | トップページ | 鈴清丸で釣りをしました。 »

2018年7月30日 (月)

源流へ行こう。ヤマトイワナ探検隊!?

イワナって本当に不思議な魚です。白点のないイワナもいるんです。

今回は自分で巻いたフライで天然イワナを釣るという目的で源流へ行きました。

Img_0014

今回の動画はこちらです。

 酷暑続きのこの夏、

中央アルプスの山の奥の奥、源流へ涼を求めて温泉釣行しました。


Img_9935




同行者のなっちゃんこと中村渚さんと私はフライフィッシング。

須澤康一さんはルアー。最初にフライで水面を流し、

反応がなければルアーで探るというリカバリースタイルを取りました。


Img_9936


 源流が初めてのなっちゃんは、7月の上旬に多摩川源流小菅川でトレーニング。

ブログはこちら


キャスティングと流し方の経験だけと思ったのに、珍しい奥多摩天然ヤマメをゲット。今回はその成果を十分に発揮してくれるだろうと思っていました。


 一方の須澤さんは犀川を中心とした川のルアーフィッシングのベテラン。フライで釣れない時、いないから釣れないのか、いても食わないのかをルアーで証明してくれます。

Img_9966



中村さんのタックルは


ロッドが最新型のティムコJストリーム823。

リールはアルトモア100。

ラインは3番。

リーダーは5x9フィート。

フライはエルクヘアカディス#10番です。



昔のロッドと違って振れば飛んでいく高性能のタックルが今回は活躍してくれました。


初日はまずウォーミングアップ。


車を降りて小径を歩き、河原に出るとすぐに泳いでいるイワナを発見。

Img_9991

それに向かってなっちゃんがフライを投げるとあらら、久しぶりだからかへなちょこキャスト。

「これでじゃ釣れないな。」と思っていましたが、


即ヒット。


しかし予想外に引きが強く、岩の下に潜られて切られてしまいました。


後で水中動画を見たら木の枝に絡まって到底外れない感じでした。


しかもファールフック!


Img_0089

 気を取り直してポイントを次々に打っていきましたが、魚はなかなか出てきません。林道から近いので普段釣りをする人が多いのでしょうか?



やっと1尾目をキャッチしたのは須澤さんのルアーでした。


Img_9942

 これがなんと希少なヤマトイワナでした。



ヤマトイワナとは、


伊豆半島から紀伊半島の間の太平洋側に注ぐ河川の


上流域のみに生息する背部に白点がないイワナです。


通常のイワナには白点、あるいは虫食い模様の白班があるのが特徴です。


増殖事業で白斑のあるニッコウイワナを山の奥に放流したために、


交配して、ニッコウイワナに変わってしまった川がほとんどです。


ヤマトイワナを釣るためには本当に閉ざされた上流の水域に行かないと出会えません。

 続いて私のドライフライ、ブラックパラシュート10番にヒットしたのもヤマトイワナでした。しかも尺近い28cm。これには驚きました。


20180806_64927

Img_9982

Img_9971

20180806_64803


 二人が釣ったのであとはなっちゃんに釣ってもらおうと


全てのポイントを彼女に投げてもらいました。


Img_9952_2


 何尾かがドライフライに食いつきましたが、空振りし、


そのうちやっとパラシュートフライにハリ掛かりしました。


Img_9955



その魚もヤマトイワナ。しかも体の側部にも全く斑点がないという魚体。本当の意味でのネイティブです。


Img_0213

やったね、なっちゃん。

Img_0063



こういう放流魚と交りっ気のない魚を「純血種」と行ったら恩師のサケ科魚類の大家、井田齋先生にそれは間違いで「科学者なら遺伝的汚染が全くない魚」と言いなさいと叱られました。


Img_0035


でもそれだと長すぎて言いにくいので「純天然魚。」と呼びたいと思います。

Img_0056

水槽に入れて記念写真。


 須澤さんも「この水域でこんな純天然魚を見たのは初めてだし、聞いたこともない。」と釣ったなっちゃんを羨ましがっていました。台風の大増水でずっと上流の沢に潜んでいた個体が流されてきたのでしょうか?


Img_0071


なっちゃんは最初のイワナが純ヤマトイワナだったので、大喜びです。



その夜は、木曽福島に泊まりました。


Img_0102

中央アルプスに来るときに定宿にしている「駒の湯」です。


とっても可愛い、若女将がいました。私はお嫁さんだと思ってましたが、女将の娘で今年嫁に行ったそうです。あの笑顔が見られないのは残念でした。


Img_0105


Img_0107_2

夜はフライを巻きました。自分で巻いたフライで釣るのはこの釣りの醍醐味でもあります。


Img_0132

まずハリに下巻きをして。



Img_0131

糸に材料を拠り付けて行きます。


Img_0121_2

エルクの毛を巻き止めます。


Img_0140

完成しました!明日使うのが楽しみです。





翌日はさらに天然イワナを求め、木曽の水系に移動し、車を降りてからかなり歩いて釣りをしました。


Img_0146_2


途中崖崩れも何箇所かあって、自然の脅威を感じました。

今日はウエイダーは履かず、ネオプレーンのゲイターを履いての入山です。



この方が暑くなくていいという考え方です。


透湿素材のいいウエイダーを履いていても、時に運動量が勝ると蒸れて暑すぎますから。


Img_0149

Img_0153

崖を降りて川原に到着してから準備します。


Img_0168

なっちゃんのチャレンジ2日目が始まりました。


この日、須澤さんは動画の被写体になっていたので写真はありませんが


こちらの動画をどうぞ。



念押ししておきますが、なっちゃんはこの日が渓流経験3日目です。


それでもイワナたちは元気よくフライに飛び出しました。


Img_0239


Img_0201

Img_0204

Img_0172

Img_0247

Img_0173


こういう源流釣りは楽しいですね。




なっちゃんももちろん自作フライで良型イワナをゲット。


Img_0177


Img_0221


Img_0231

Img_0256


Img_0197

沢の水でコーヒーを沸かしました。


Img_0160

私もいいサイズ、釣りました。


須澤さんもルアーでたくさんイワナを釣り大満足でしたが、この日のイワナは全て白斑のあるニッコウイワナでした。


 今回釣った魚は全てリリースしました。生き残って子孫を増やしてもらいたいものです。


G0022085

今度はこの滝の上流を攻めて見ましょうかね。



Img_0279

最後の崖登りは大変でした。

奥山文弥のメルマガ登録はこちらから



毎月2回行っている釣りやフライキャスティングイベントの情報は


こちら








 

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事