本文へジャンプします。




« 相模湾マグロ釣り 8月4日(土) 参加者募集中です | トップページ | ついに出た!ブラウントラウト中禅寺湖セミング  »

2018年7月 6日 (金)

またまた快晴なのに虹が出た。中禅寺湖セミング(セミフライ・ルアー)


レイクトラウト を釣った家内とは今度はブラウンを狙いに行きました。

Img_8222

釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。
登録はこちらからどうぞ

6月上旬のこの日、とっても晴れていて、釣り日和というよりも、観光日和でした。

いろは坂を上がって行く途中で、景色を楽しんだり、昼食は湖畔レストランではなく、半月山の展望場所で、、、。
Img_8280
セミが鳴いていて、これは釣れそうという雰囲気が漂っていました。

Img_8346

昨年家内と登った男体山を反対側から見るというのも悪くないです。

この日は午後12時半出船、まずはボートフィッシングで、ブラウンを狙います。
ブラウンは樹々で鳴いているセミが水面に落ちたのを捕食しますから、
セミを模したフライで狙います。
これをセミングと呼ぶ人も増えてきています。
ボートからですと自由に動けますが、
岸釣りに人がいる場所には近付けません。
邪魔しちゃ悪いということと、
岸釣りから50m離れて航行しなさいというトローリングのルールもあります。
結構迷彩や、自然食の服を着ている人が多いので気がつかないときもあります。
今回も
「ここにいるよ。」と言われるまでわかりませんでした。
大日崎にいた人、ごめんなさいね。
今日からエレキモーターがデビューしたので、まずは静かにゆっくりと流します。
最初は家内から釣りを始めました。
女性の場合、シングルハンドで投げるのは苦ですから、
いつものツーハンドを用意しました。
ロッドはレビューのRL1208 8番
この古いロッドはシングルハンドと同じ指定なので
ラインはループ、オプティストリームラインのWF8Fを使用しました。
リーダーは0X9フィートに
ティペットはフロロの1、3号を1m
フライはもちろんセミです。
セミフライは質量が大きいので投げにくいかもしれませんでした。
Img_8377
「本当に出るの?」という半信半疑から
「まずは手本を見せてよ。」
と私がやることに。
中禅寺湖でセミングしたことのあるかたはご存知でしょうけれど、
釣って見せてよ、と言われて
はい、こんな感じです。ってすぐに釣れるものではありませんよね。
しかしですよ、この日はラッキーで
わずか数投で最初の「バシャ」がありました。
そしてその後、
ヒット!
掛かった魚はレインボートラウトでした。
ニジマスです。
雨上がりでもないのに虹が出たんです。
と寒いジョークは伝わりません。
とりあえずボーズ逃れをした私ですが、
彼女は
「これブラウンじゃないよね。」と突っ込んできます。
「こうやって釣るのがわかったからいいでしょ。」と私。
中禅寺湖の虹鱒は
野生の美しいものをレインボートラウト
放流成魚が野生化しヒレが回復したものはニジマス、
そして放流直後のヒレが整っていない養殖魚丸出しの個体は
ズルマスとか、雑巾マスというそうです。
今回は幸運にもレインボーでした。

Img_8369

セミフライをバックリくわえてました。
この後、岸釣りの方が有利だからと岸に上陸して
キャスティング開始しました。
ウエイダーを履いてね。
途端にバシャっと出ました。
しかし合わせられず、
茶色いのがモワーッと浮いてきて、、、、
バクッとやったときは彼女は移動するために足元を見ていました。
これじゃあ、釣れませんね。

Img_8380

そう言う私もこの日はその後3バシャで終わってしまいました。
夕刻は八丁出島の先端でいい潮目ができていたのでやってみたのですが、
何にもアタリませんでした。
一体いつになったらブラウンが水面で炸裂するのでしょうか?
#中禅寺湖
#ブラウントラウト
#セミ
#レインボートラウト
#ニジマス
#セミング

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事