本文へジャンプします。




« 夫婦円満の秘訣。富士山麓観光とフライフィッシング | トップページ | 天空の釣り場「高鷲フィッシングパーク」今年は空いてるよ。 »

2018年7月 9日 (月)

女子も参加。奥多摩の上流で、希少な魚が釣れました。

7月1日(土)は新緑の渓流でのフライフィッシング講座でした。

Img_9088

 急な暑さで体調を崩したり、親戚に不幸があってドタキャンした方もいまして、

少人数での開催でした。

Img_9078

 私たちのイベントは「釣りに行きましょうよ。」
と、お誘いしやすいために行っています。
ですから、ブログをご覧の方も、お目にかかったことがない方も、
お気軽に参加して下さい。
イベント情報は末尾に。
さてこの日は
小菅川キャッチ&リリース区間にてキャスティングレッスンを行った後、
実釣開始。
ウグイや、ニジマスが遊んでくれました。

Img_9081

Img_9082

これは唯一の天然魚ですね。
ウグイを釣った群馬から参加の岡部保夫さん。

Img_9093

ウエイダーを履いて、ちょっと上流にも行きました。

Img_9095

川の中を歩くと癒されますね。

Img_9101_2

ニジマスは、ファイトの練習にもなりますね。

Img_9105

大きいのはかかりませんでしたが、、、、。
やはり釣れると嬉しいです。

Img_9110

昼食は小菅トラウトガーデンの食堂で。ここは管釣りもやっていて、養殖池で釣りをしているほど魚影が濃いです。

Img_9109

暑い時はやはり冷やしうどんでしょうね。

Img_9114

これが小菅トラウトガーデンの魚たち。しかし賢いです。
ここでは釣りをせず、
少人数ということで、午後は最上流の源流区域に行って見ました。
普段は参加者をお連れすることはないんですね。
なぜなら、それなりの装備は必要ですから。

Img_9118

渓相はこんな感じに変わります。
しかし、東京から近いので、ベテラン諸氏がいつも入渓しているため、魚は少ないか、いてもかなり賢く、あるいは神経質になっています。
ここで参加者のなっちゃんこと中村さんがミラクルを。

Img_9125_2

小菅川天然ヤマメをゲット。希少魚ですよ。

Img_9143

美しいヤマメです。ドライフライに飛び出し、タイミングよく合わせたので掛かりました。

Img_9119

これに奮起した、ウグイを釣った岡部さんも、上へ上へと釣り上がります。

Img_9173

堰堤を越え、常設されたロープを使って崖を降りるのはまさにアドベンチャー。

Img_9177

こんないい淵でしたが、釣れない時もあります。
Img_9181
最後はもっと希少な魚が釣れました。
イワナです。
東京から日帰りでのイベントでのポテンシャルを感じました。

Img_9185

これが2尾目、お腹がオレンジ色です。
2尾ともローヤルウルフという、アメリカンパターンで出ました。
動画はこちら

Img_9106

楽しかったですね。またご一緒しましょう。
皆さんも是非、釣りに行きましょう。
イベントに参加してくれれば手軽に釣りが楽しめますよ。
毎月1回〜2回行っています。

|