本文へジャンプします。




« またまた快晴なのに虹が出た。中禅寺湖セミング(セミフライ・ルアー) | トップページ | 夫婦円満の秘訣。富士山麓観光とフライフィッシング »

2018年7月 6日 (金)

ついに出た!ブラウントラウト中禅寺湖セミング 

努力は必ず報われる、どんな形にしろ必ずプラスになるのです。努力をしない奴にはわからないのです。

と言うわけでついにブラウンが釣れました。

Img_3561

釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。
登録はホームページからどうぞ。http://f-okuyama.com

私にはなかなかブラウンが釣れませんでしたが、釣っている仲間もたくさんいましたので、素直に頭を下げ、同行いただくことにしました。

北里大学海洋生命科学部の後輩の友達で、細井直人さんは、井田齋先生のコイの調査にも協力してくださったかたでした。
彼自身は今年絶好調、70cmオーバーを含む、20尾以上のブラウンをセミングでキャッチしています。
釣っている人の余裕というものは素晴らしいもので、
「ぜひご一緒しましょう。」と二つ返事でOKでした。
朝早く行っても疲れるので7時出発で、と
立木観音の駐車場を出発したのは午前7時過ぎでした。
つまり今日は歩きです。
リュックサックにコーヒーセットと、ランチを入れてね。
腰にはハンドメイドのラバーコーティングネットを装着しました。

Img_8570_2

イギリス大使館跡のテラスから見下ろすとこんな感じ。

Img_8584_2

この左側の明るい方が浅いのですが、ここにブラウンは出てきます。

Img_8587

セミルアーで誘いをかける細井さん。
一人で新権威狙うのもいいのですが、話をしながら余裕を持って釣りをするのも大切、お互いの知識と経験を話し合うことで自己向上するのです。
それにしても中禅寺湖畔で、ブラウンを狙っているのに、南の島のGTの話で盛り上がるとは、、、、。

20180706_105436

ブラウンは本当に足元にいます。これは泳いでいる姿を水中カメラに収めたものです。

20180706_105540

ヒットしました。
カメラを回していない時の、超浅場での一投目でした。
茶色い姿がモワッと浮いたのが見えた瞬間に「バシャ」
すぐに食いつきました。
最高の景色ですね。

Img_3564

ファイトシーンを細井さんが撮ってくれました。
一人だとこうはいきません。

Img_8578

綺麗な魚体です。大型ではありませんが、、、、。
サイズは問いませんよ。
ブラウンを釣った時、
「お茶をいただきました。」という表現をしたいです。
それで今回は「美味しいお茶をいただきました。」
つまり
「美しいブラウンが釣れました。」
という意味です。
ロッド・ダイワヘキサゴン866
リール・ビルバラン
ライン・WF6F
リーダー・0X9フィート
ティペット・FCスナイパー5ポンド
フライ・セミフライ

20180706_110039

泳ぎ去っていく姿も美しいです。

Img_8590

細井さんとランチタイム。
コーヒーセットを持って行ってよかったです。
その後、昼近くなると風が強くなって魚は見えるのですがヒットはありませんでした。
私はこの若き友人と、会話をたくさん楽しみました。
中禅寺歴が長いことよりも、最近の情報が大切なこと、
彼にとってはサケ科魚類の生態を知ることなどお互いが満足するような内容で
時間はあっという間に過ぎました。
そして迎えた夕刻、
ライズが起こった場所へ細井さんがセミルアーを投げ込むと
「バシャ!」
そいつはわたしの魚の倍以上の水しぶきと捕食音で食いつきました。
キーン!とドラグ音がうなり、、、、、、
「やった!」と思うや否や、、、、、、。
「あ、」
ラインブレイクでした。
細井さん、残念 でしたが、
今日は本当にありがとうございました。
この模様はYouTubeにアップしてあります。
ぜひご覧ください。こちらです。
チャンネル登録もぜひお願いします。
#中禅寺湖
#ブラウントラウト
#セミング
#セミフライ
#セミルアー

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事