本文へジャンプします。




« 小菅川でフライキャスティング  | トップページ | マグロはいるのに »

2018年9月26日 (水)

こんな休日の過ごし方

8月23日と24日は富士山登山の予定でしたが、、、。

Img_1265

台風21号のせいで中止になりました。

しかし夫婦の休日をなんとか有意義に過ごしたいと思って、台風接近は夕方以降だという情報でしたので、近場のあの山に行くことにしました。
日本一高い山の登山から、日本一(?)低くて楽な高尾山へと変更になったのです。
高尾山までは我が家からわずか25km。
何にも考えずにまずは現地へ行き、
1日1000円の駐車場に車を止めて、登山道の案内を見ました。
目に入ったのはリフトコース、ケーブルカーコース、初心者歩きコース。
もちろん登山なので初心者コースを歩きました。
歩いている人はぽつらぽつらでした。
全てコンクリートで固められた道を歩き、上を前します。
1時間ちょっとでケーブルカーの頂上駅に。

Img_1104

この時はまだ晴れてましたよ。

そこにはテレビ等でよく見かける食堂、お土産や、蕎麦屋がありました。
ここまでくると人はどっと増え、賑わっていました。
途中、はお寺の山道を歩きました。
外国人観光客もかなり多かったです。
登山道ではすれ違いの人に、「こんにちは」と言いますが、
どこの国かわからない人たちでも
「ハロー」で通じてそうなので便利でした。

Img_1122

Img_1124_2

この十善戒、クリックしてかく出して読んで見てください。
夫婦の生活に不可欠です。

Img_1128

Img_1162

Img_1156

本当に頂上の風景ですか?っというほどの景色。

Img_1165

頂上のドリンクのお値段。ちなみに富士山は水1本500円らしいです。

Img_1167

台風による暗い雲も迫っていました。

Img_1173_2

降りるときは同じ道だと面白くありません。
登る時には気づかなかったのですが、
自然豊かなコースとして6号ルートを選びました。
高尾山を登る方は、このコースを行くことをお勧めします。

Img_1177

こんな沢の中に飛び石をおいたようなところもありまして、、、。
東京も捨てたもんじゃない、という雰囲気の場所もありました。途中は
琵琶滝っていう滝があって、ここは滝行という滝に打たれて精神修養をするお寺でが管理しているため、修行者がいたら写真を取っちゃダメと書いてありました。
男の人と、女の人が修行にきていましたが、そのシーンはなしです。

Img_1182

さらに下るとその滝下の沢は魚がいそうでいない変な川。
浅くて魚の隠れ家が多くなさそうでした。
しかしついに、、、、
見つけました。
イワナではなく、標高が低いのでヤマメでしたね。

Img_1185

この小さな滝の流れだしあたりにいましたよ。
ここは浅川の源流でしょうか?

Img_1183

一旦、下まで降りてきて、遅い昼食にしようとしましたが、ここぞと言うお店がなかったので、
それなら、と
もう一度頂上へ。
しかし今度はリフトに乗りました。
上まで行くとあの有名な蕎麦屋は店じまい。
「台風接近のため、早仕舞い。」だそうです。
そこで、
ケーブルカー駅の前の食堂で、蕎麦タイム。

Img_1229_2

その2回にカフェでコーヒータイムしていると、ドバッと雨が降ってきました。
景色が良さそうな場所でしたが、見られませんでした。
台風に刺激されてできた前線からの雨でしょうね。
下りはケーブルカーで。
これで終わったわけではありません。
駐車場の近くにあった599ミュージアムへ。
高尾山の自然と、そして世界のクワガタ展をやってました。

Img_1237

Img_1241

オウゴンオニクワガタ

Img_1248_2

生きているギラファノコギリクワガタはなかなか見られません。

Img_1252

そして、登山後の定番らしい、高尾山口駅裏の極楽の湯へ。
いつもはさっと汗を流す程度でしたが、この日はゆっくり浸かりました。
個人的には露天炭酸石張り風呂が良かったですね。
そしてその夜、台風が通過して行きました。
関西方面に強烈な爪痕を残して行ったことは、翌朝すぐには分かりませんでした。
台風一過を期待していた私たち夫婦。
今日は私の誕生日でもあります。
昨年は日光男体山を登った後、中禅寺湖で釣りをしました。
今年は富士五湖で、と思いましたが、、、、、。
雨が止みません。

Img_1254

これは精進湖の風景。
晴れていればでっかいコイが釣れるんです。

Img_1257

雨やどりを兼ねてランチした忍野八海のそばのレストランで。
窓から外を見ていると、家内が見つけました、、、、。

Img_1261

四葉のクローバー。

雨さえ止めば、大物は釣れると信じたかったのですが、一向に止みません。

「今日は雨のドライブだけだね。」と帰路、道の駅富士吉田で、モンベルの登山用品を見てたり、お土産屋を見ていたりしていると、、、、。空が明るくなってきました。

ラストチャンスです。

そこで桂川に急行。

夕方、5時すぎ。

ライセンスを購入したコンビニでは

「今からですか?」

と驚かれました。

フライフィッシングの道具を準備して魚を探します。

いました。いつもはフライに見向きもしない魚ですが、、、、。

そして

Img_1268_2

ヒットしました。

家内のロッドさばきは見事でした。

Img_1273

富士山麓の水で育ったグッドサイズのニジマスでした。

ロッドはループマルチ9フィート5番でした。

リールはノーチラスのNo5

ラインはWF5F。

フライはテントウムシに似せたもの。

そしてリリース

来年はもっと大きくなって私たちのどちらかのロッドに掛かってくださいね。

Img_1331

綺麗なニジマスくん(オス)でした。。

富士山の登山予定は来年に持ち越しです。

二人の休みの予定が合いませんでしたから。

しかしながら私は初めての高尾山と、家内の大きなニジマスで

富士山がキャンセルになったがっかりよりは、

よほど満足度の高い2日間でした。

奥山のメルマガも是非お読みください。

http://www.reservestock.jp/subscribe/64722

#富士山登山

#高尾山

#富士五湖

#精進湖

#忍野八海

#桂川

#ニジマス

#ループ

#Fujiyama

#flyfishing in Japan

#Takaoyama

#Onsen

#Rainbow trout in Japan

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事